2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 3

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 08:33:42 ID:naKotBMJ
ふと疑問に思った事があったら、スレを立てる前に、ここで質問してみましょう。
 質問・回答をする前に必ずテンプレを読んでください。



・質問前にまずはここをチェック。答えが載ってる……かもしれない。
 【仮設!2ch軍事板用語集】
  http://banners.cside.biz/army_word1.htm
 軍事板初心者質問スレ過去ログ倉庫
  http://armybeginner.web.fc2.com/
 ウィキポータル:軍事
  http://ja.wikipedia.org/wiki/Portal:%E8%BB%8D%E4%BA%8B
1スレ
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 1
ttp://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/war/1220264848/
2スレ
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 2
ttp://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/war/1253245979/

FAQサイト
初質スレに「公式」ないし「公式回答」なるものは存在しません。

軍事板常見問題
http://mltr.ganriki.net/index02.html
軍事板FAQwiki
http://www6.atwiki.jp/army2ch/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 09:28:03 ID:zLO/6Dox


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 18:38:13 ID:mCq4ik6V
軍事板、初めて来たけど面白いね。
誰か、以下について教えて下さいまし。

@中国と日本が交戦する可能性
A中国が核を使う可能性
B日本が勝つ可能性

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 18:40:56 ID:WsfeWusa
>>3
この板は軍事板じゃないぉ

(軍事板のスレ)
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 623
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1269795118/l50


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 23:10:42 ID:wJX844gU
>>3
@中国と日本が交戦する可能性
 現時点ではほぼ0。ここ数十年先進国同士の戦争は皆無。
A中国が核を使う可能性
 使えば中国は事実上の世界ナンバ−2になるだろう。彼らは使いたいはず。
 しかし様々なリスクをはねのけて強行使用できるだけの力はまだ無い。
 もし現状使うとすれば、船舶という強力な機動兵器を持つ海洋国家ではなく
 内陸の小国に向けてだろう。
B日本が勝つ可能性
 アメリカを巻き込めずにタイマンならば、
 戦争を外交の延長線と規定した場合、勝てる可能性はほぼ0だろう。
 政治力があまりにもかけ離れている。
 ただし、今回のマグロ戦争でも判るが、日本は局地的・短期的には異常な力を発揮する。
 戦闘そのものにはそれなりに勝つのではないか。
 とはいえ、たとえば日中戦争は結局、日本の資源のなさから採用されたと言われる制式銃弾6.5mmが
 向こうの7.7mmに撃ち負けたが故に長期戦になった。
 日本のそうしたどこかけちくさい体質は戦後も変わらず継承されている。
 最新の航空機の大量調達や、近年恐ろしく進化したという原潜など、性能はともかくダイナミズムの面では既に完敗している。
 物量勝負に持ち込まれ、長期化すれば戦闘でも勝ち目は無い。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 01:06:28 ID:YJjvVD9D
>>5
自衛隊を過小評価しすぎだろ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 01:45:55 ID:2AUpbHDz
自衛隊は米軍の補佐が最重要視された装備に特化している。
日本単体で戦う場合、例えば掃海・哨戒は超一流だが攻撃面で今一つ、という具合にバランスが悪い。
特に現在の戦艦とも言える原潜を欠いているのは致命的だ。
原潜のない洋上作戦は非常に限定的で範囲の狭い作戦しか取れない。
例えば南シナ海以南での拠点・シーレーン争奪戦になれば日本の圧倒的不利は明らか。
一度取られた陸上拠点は陸軍力に劣る日本が奪還する事は不可能で、永遠に実行支配を受けてしまう。
それは現在の戦争の基準に照らせば明らかなる敗戦で、大きく停戦条約に影響を及ぼす。
自衛隊の実力を過信するのは危険だ。
日本はあくまでもアメリカの、具体的には沖縄の軍事力が生命線になっている事を忘れてはならない。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 08:16:59 ID:W47OV1sL
何故我が国の世論は経済発展著しいチリに注目せず、地理的にも経済的にも縁のないハイチに注目するのですか?
アメリカ合衆国は元植民地ですし、地政学上先進国として援助の義務がありますが、日本があのロクでもない国のために此処まで大規模に募金活動をする必要はないはずです。
やはり合衆国の各界の著名人がパフォーマンスを披露したことによって、アメリカ信仰の強い日本国民にも多大な影響を与えたのが原因なんでしょうか?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 11:11:14 ID:2AUpbHDz
チリは歴史的に周辺国と仲が悪く、相手にされてはいないがブラジルのライバルのつもりでいる。
たびたび軍事的暴挙を行ない、独裁色の強い政権が続いている事に先進国は不満を持っている。
そいう国に距離を超えて多大な援助をするのは不自然。
ならば政治的無力なハイチに同情が集まるのは当然と言えるが、重要なのはハイチはフランス領、
そのほとんどをフランス大東社のメンバーが所有していたフリーメイソンの別荘地であるという事実だ。
チリはスペイン・ポルトガル系のカトリックでアメリカの支配層であるプロテスタント系フリーメイソンとは仲が悪い。
多くの国際援助機関はフリーメイソンの資本とその傘下企業の多大な寄付によって成り立っており、
どこに援助をするかを決めるのは彼らの都合だ。日本は彼らの意志に従っているに過ぎない。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 12:00:47 ID:W47OV1sL
>>9
それを証明する手段はあるんですか?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 12:33:47 ID:2AUpbHDz
証明、となると正直難しい。彼らのやり取りの記録など何も無いのだから。
しかし、様々な過去の類例や組織の構造から「極めて蓋然性の高い推測」といえる。
フリーメイソンと言っても彼らの行動は必ずしも秘密結社的な胡散臭い物ばかりではない。
ユネスコや赤十字など彼ら無しでは成り立たない。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 17:45:32 ID:GSlC6RRl
>>7
軍事とは非常に広範囲なものに関係するため、それを単純に「総合的に判断」することはできません。
お前さんのように、圧倒的に不利とか簡単に言えることではない。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 20:39:43 ID:qnlqrZ6O
リムランド論、ハートランド論は現在でも有効ですか?
それとも単なる妄言に過ぎませんか?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 21:56:15 ID:2AUpbHDz
>>12
近海仕様の海自は他所の国の近海では不利に決まってると思うがな・・・
 
>>13
ハートランド論は当時から眉つばというか、要するにロシアの拡張主義に対する警戒感が生んだ、
航空機や銃砲の進化を無視した中世的な発想の愚論。
背景にイスラム、ギリシャ正教に対する宗教的蔑視もあり、受け入れ易い土壌があっただけとも言える。
現実はロシアがハートランド地域を実質支配下に置いたソ連時代と
その後の結果を見れば説明の要もない。

一方、リムランド論はアメリカでは頑に信じている勢力があるらしいな。
アフガニスタンはリムランドのへそと言われ、ここを昔からアメリカが重要視するのは
そのためだという話もある。
実際、この地域は日本のみならず世界で最も混雑するシーレーンの要衝で
この海域を押さえた国が世界の物流を支配する以上、妄言とは言えないだろう。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 22:55:34 ID:qnlqrZ6O
>>14
アフガニスタン沖を迂回すれば良いんじゃないの?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 23:23:24 ID:2AUpbHDz
>>15
ん・・誤解を生む書き方をしてしまったな。
リムランドは中近東から東南アジアにまたがる広範な地域を指す。
この地域というのはこのリムランド地域という意味で書いた。

ただ、アフガニスタンはロシアが唯一インド洋に出られる地域である上に
インドの攻略、イスラムに対する包囲と抑え、
中国の弱点・裏庭の大平原地帯に達するルートを持つなど
全方位に重要な地域。世界で最も熱い場所である事は確かだ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 23:31:27 ID:qnlqrZ6O
>>16
アフガニスタンは海に面してないし、中国とも国境を接してないんですが。
ソ連時代ならともかく、各国が独立した今では、
ロシアはアフガニスタンとロシアの間にある小国を攻略しないと。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 23:46:22 ID:2AUpbHDz
>>17
>中国とも国境を接してないんですが。
いや?接してるぞ普通に・・それとも俺の記憶が古くて今は接していないのか?
アレだ、ノミの触覚みたいに伸びてるのがあるだろう。

>アフガニスタンは海に面してないし
誤解を生む書き方をしたなと言っただろう。俺はリムランド全体を差しているつもりでr
アフガン沖とか書いたのは俺じゃないぞ。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 23:58:25 ID:qnlqrZ6O
>>18
中国と接してました。
すみません。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 00:14:02 ID:dmazcdTH
>>17
おっと、ロシアについての話を忘れてた。
アフガニスタンそのものは港は無くてもイランにはある。
ソ連がアフガンを押さえれば、中東の共産国とソ連が地続きになる。
これに恐怖したアメリカが必死にソ連のアフガン侵攻に介入したのはそのためだろ。

>ソ連時代ならともかく、各国が独立した今では、
ロシアはアフガニスタンとロシアの間にある小国を攻略しないと。

ウズベクスタンはロシアの同盟国だし、大統領を始めとする支配層はソ連時代から変わっていない。
アメリカとの関係も悪化の一途だ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 01:11:26 ID:Gq9KlYLD
よくSFの世界で、光線銃(レーザー銃、ビームライフル)や電磁銃(レールガン)が歩兵の標準装備として登場しますが、
これらの銃は発射するのに大電力が必要で、電源無しで使用できる実銃に取って代わるとは考え難いのですが。

歩兵銃は、22世紀、23世紀になっても、実銃が現役だと思いますがどうでしょうか?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 03:09:37 ID:dmazcdTH
実弾が有効なのは相手が生物だからだな。
僅か数センチの弾で簡単に壊れてくれる。これほどコストパフォーマンスに優れる兵器はそうは無い。
しかし、着弾した瞬間に鉄の数十倍の強度で直列硬化する分子配列の服が既に実用化され市販されていたり
歩兵の機甲化、無人化が進む現在,今の弾丸が近い将来戦場で役に立たなくなるのは明白だ。

レールガンに必要な大電力は実は大した問題ではない。
バッテリー式や有線で考えるから非現実になるだけで、衛星で兵士の位置を確認し、指向性のマイクロ波を
上空もしくは後方から支援戦車に送り込めば良い。そこから先は有線になるが。
マイクロ波は衛星で反射リレーも出来るから原発から直接大電力を戦場に送り込む事も可能。
技術的にはそう難しくもなく、既に実用段階に入っていると言われている。
これはまあ、眉唾な話だが、ミステリーサークルがその実験の産物だと言われてはいるな。真偽はわからん。

レールガンならライフル弾の質量で現在の戦車装甲をぶち抜けるし、火薬式とは実効射程の桁が違う。
初速が早いという事は安定して直進するという事。着弾までの時間差も少ない。
もし打ち合いになれば、現在のライフルの実効射程1800メートルの数倍先から一方的に撃たれる事になる。
当然撃つ方も人間の能力を超えた距離になるから、照準にも衛星や航空機の支援が必要になるだろう。
歩兵が視認して敵を撃つのはゲリラ制圧だけになるんじゃないかな。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 04:02:37 ID:dmazcdTH
一応、補足しとくと
火薬式の銃弾はもう60年近く実効射程が伸びていない。
弾丸は「押し出される」物であるために火薬の燃焼は比較的緩やかである必要がある。
強力な推進材を入れれば射程が伸びるという簡単な話ではない。
もしオクタニトロキュバンのような激しいデトネーションをおこす推進材を薬莢につめて撃てば
砲身ごと弾が分解するだけ。
火薬式の銃はもうずっと前から進化の袋小路に嵌っている。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 14:53:33 ID:RbXTf+K8
現在日米間で起こっている大きな摩擦は鳩山政権が故意に起こしたものなんでしょうか?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 17:22:53 ID:QhSTF2Rd
レールガンの話が上で出ましたが、
レーザー銃やビームライフルはどうですか?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 17:37:43 ID:bz7WZafV
おそろしい 

いやはやおそろしいはなしだ・・

まさに これこそ 恐怖の惑星 だな 恐るべきは人外の所行とでも言うべきか

近寄らざるは 災厄なり とは・・・  よくゆったものだ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 17:41:04 ID:bz7WZafV
近寄れば災いのごとし 遠のけば汚れのごとしとは  これまた一本とられてよくゆったものおだあ〜  ときたもんだあ〜

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 20:54:07 ID:dmazcdTH
レーザーはもう開発期間を終えて既に実戦配備の段階に来ている。
現状では小型化まち、しばらくは通常兵器の破壊やミサイル迎撃が任務の大型砲が配備されるらしいな。
大気の状態に左右されるとはいえ、その誤差は通常弾に比して数千分の一と言う精密射撃だ。
個人携行が可能になれば要るのは電力のみ、
銃身も必要ないから今の銃の形とは全く違う兵器にになるだろう。
ただ、今の技術ではエネルギーの減衰が激しく、個人携行タイプでも数十キロワット以上の威力になるまでは
サブマシンガンのような運用になるのではないか。

ビームライフルってのはアレか、ガンダムのようなあたったらなぜか爆発する変な粒子か。
あんなもんまだ原理すらわからん。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月) 02:44:58 ID:UKjHfjuv
軍事衛星の発達に伴い、最近は偵察や通信、気象目的に止まらずミサイルの誘導なども衛星を利用しているそうですが、本当にここまで衛星に依存しちゃっても大丈夫なんですか?
もし地上からミサイルで衛星本体を撃墜されるようなことがあれば、
米軍は大打撃、下手すれば機能しなくなりますよね。何か対策は講じてるんですか?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月) 09:19:15 ID:0lcYVNTp
以前中国が自国の、それも低軌道とはいえ衛星撃ち落としてたな。
ブレークアップによるケスラーシンドロームは自国にとっても不利益極まりなく
今の時代アレは核使用と同じ位の掟破り。・・・ってどうせお前ら知ってて訊いてんだろ。
おれもう長文飽きたからいくよ。
ほらよコピペ
 【ワシントン8日平山孝治】ラムズフェルド米国防長官は八日、
宇宙の軍事利用や米衛星の防御など「宇宙防衛」に関する情報、
通信、政策立案などを空軍司令部に一本化し、新たに専門の大将
職を設けることを明らかにした。宇宙防衛に関しては、クリント
ン前政権が従来の「国家宇宙評議会」(議長・副大統領)を廃止
しており、再構築、強化をにらんだ動きとみられる。

 ラムズフェルド長官は会見で「二十一世紀は宇宙の役割が安全保
障の観点からも一層重要になる。米国は現在、優位に立っている宇
宙防衛をさらに強化していかねばならない」と述べた。

 宇宙防衛の強化は軍事衛星の防御に限らず、気象・通信衛星防御な
ど幅広い分野に及んでいるが、ブッシュ大統領が早期配備を宣言し
た米本土ミサイル防衛(NMD)計画や戦域ミサイル防衛(TMD)
構想と表裏一体の軍備拡大といえる。

 このため、米国のミサイル防衛に反対している中国などの反発は必
至で、宇宙空間をめぐって新たな軍拡競争が繰り広げられる可能性
もはらんでいる。

 ラムズフェルド長官は就任前、連邦議会が委託した「米国に対する
弾道ミサイル脅威評価委員会」の委員長を務め、今年一月、宇宙の
軍事利用の重要性や「国家宇宙評議会」の復活などを提言している。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月) 19:35:02 ID:VwQLTSTp
アメリカや日本がMD計画を進めていますが、
北朝鮮やイランの核の脅威と言うのは建前で、
本来の目的は、中国とロシアのICBMやSLBMを無力化するところにあるんですか?

また、アメリカはCSMの開発に力を入れているのに、
何で日本はCSMを開発しないんですか?
大掛かりなストライクパッケージを構築するよりも安上がりだし早いのに。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/12(月) 21:41:54 ID:0lcYVNTp
>>31
>アメリカや日本がMD計画を進めていますがr

正確には中国の核拡散政策に対する牽制だろう。MDは開発中で実効力は疑問符がつくからな。
北、イラン、パキスタンと、中国と国境を接するか武器供与を受けている国が次々と核武装成功しているのを
単なる偶然と考える奴はよほどおめでたい頭をしてるかサヨだろう。
ただこれは出来レースの可能性は棄てきれない。MD開発と核拡散はどちらにとっても利益をもたらすからな。

CSMは無差別攻撃兵器。日本の自衛隊法では間違いなく違憲だな。
なにより今の日本のコウモリっぷりじゃ怖くてアメリカがやらせないだろう。
いつその技術が中国にリークされるか解ったもんじゃないからな。
ま、人道的に照らしても将来国際規制が入るだろう。
大国が配備し終わった後で。

ていうか、そもそも日本にストライクパッケージなんてあったか?あったらすまん。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/13(火) 00:44:40 ID:Wog9086B
>>31
大国間の核戦争を想定していたのは原則としてSDIまで
GPALSやNMDの時代になると、小規模な弾道弾攻撃への対処に焦点が移っている

中国は微妙なところで、中国は戦略核戦力を最小規模に押さえ込む戦略をとっている
つまり米国が意図したかに関わらず、NMDの影響を受けてしまう
そういうわけで中国はMDに批判的だが、かといって自国の核戦力を量的強化することはしていないようだ

CSMの前提にあるのはグローバルストライク。日本の防衛政策と適合しない

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/13(火) 01:13:26 ID:5auIxA86
>>31
日本は政治家が無能なので、必要な装備の開発・装備に力を入れてないから。

仮にCSMの開発に着手したところで、売国奴が憲法違反だの軍国主義の復活だのと騒いで妨害する。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/13(火) 02:09:54 ID:D3YaAzWd
>>34
>憲法違反だの軍国主義の復活だのと騒いで妨害
騒いだ政治家を全部売国奴扱いするのは間違い。
政治を勉強しろ!

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/13(火) 06:21:42 ID:F77PwQPW
ICBM、IRBM、SRBM、SLBMなどの弾道ミサイルは、
巡航ミサイルや誘導爆弾の様な精密誘導攻撃が難しいとされている兵器ですが、
弾頭にブースターを取り付けるなどして運動性能を持たせれば、
精密誘導攻撃が可能になるのではないでしょうか?

何故そうしないんですか?

またアメリカがCSMを開発していますが、ICBMに精密誘導攻撃能力を持たせるでは駄目なんでしょうか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/13(火) 10:23:36 ID:Wog9086B
コピペね

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/13(火) 14:58:34 ID:5auIxA86
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1270820087/402

>>36
コピペバカ死ね
こっちにまで出てくるな

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/13(火) 22:20:49 ID:JaKezdlu
何で日本って世界中で嫌われてるんですか?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 00:04:20 ID:UNR5BfE3
日本は世界中から嫌われるほどの力は無いから安心するんだ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 01:35:49 ID:I9mGazbr
何故日本は、防衛や安全保障に関して手を抜いているんですか?

隣国が防衛に力を入れているのに比べ、あまりにもお粗末だと思います。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 18:09:57 ID:Wu3s2DBM
社会制度、教育制度、政治制度、選挙制度に問題があって、
国防に関してまともじゃない考えを持った人が国会議員になってしまうから。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 19:41:19 ID:EAuP0Pkp
もし、日本が核兵器造りますとなったら、一年以内にできますかね?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 20:28:24 ID:H/vrqwVg
>>43
核弾頭そのものは作るだけならもっと早く作れるだろうが、核実験を行って信頼性を確認するのや、運搬手段を開発するのや、
ある程度の数を配備して扱う兵員の錬度や部隊としての戦技に習熟するのに何年も(もしかすると何十年も)かかると思う

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 20:59:16 ID:EAuP0Pkp
なるほど。やはり日本の技術はかなりのものなんだな。
実験のデータは核保有国に聞きゃいんだから。
実際は、いつでも核保有国になれるんだ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 21:51:33 ID:JfheAdL5
てす

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/14(水) 22:16:33 ID:H/vrqwVg
>>45
新規開発した核弾頭の信頼性の確認で何で人に聞いて済むと思うのか・・・
核弾頭の設計そのものを外国から輸入したのならともかく
どちらにせよそれじゃ独力での核武装には程遠いし

ちゃんと作動するか怪しいし運搬手段も乏しい核兵器を少数保有する程度の「核保有国」で良けりゃなろうと思えばいつでもなれるだろうが

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/15(木) 10:36:29 ID:ItcZ1yrF
んでその程度の代物と引き換えにするほど、この国は失う物を持たない貧国なのかとねw


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/15(木) 11:40:28 ID:F40RdULW
てす

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/15(木) 15:04:06 ID:uAqjW86G
国連の常任理事国に匹敵する核武装をやろうとしたら、
急いでも10年は掛かるだろうし、その間に日本の核武装を望まない国が何もしないとも思えない。

アメリカ、ロシア、中国その他に妨害されて終わり。

六ヶ国協議やIAEAの真の目的は日本に核武装させない事。
それに気付いてないのは愚か者が為政者になる日本だけ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/16(金) 00:11:48 ID:mwpa0Hix
こうやって言い切り調で話す奴って、俺って鋭いこと言ってるよな〜とか思ってんだろうな。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/16(金) 00:37:07 ID:wSebigAn
でも言ってることはそれほど間違っていないというね

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/16(金) 01:00:52 ID:DzSJ4CQj
琉球民族は、狭義の日本民族には含まれないが、広義の日本民族には含まれるんでしょうか?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/16(金) 02:33:23 ID:l8/GfeIs
狭義、広義などという区分け自体がナンセンス。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/16(金) 19:17:35 ID:9LrBPDEW
>>53
一般的にはその通りです

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 06:13:49 ID:i0N7+vlB
>>47
だったら手っ取り早く輸入すればいいだろ

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 10:25:05 ID:DRPURHEg
何故戦車駆逐車である96式多目的誘導弾が主力戦車である90式戦車より倍以上のユニットコストがかかっているのですか?普通に考えておかしくないですか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 17:09:25 ID:wyW0tBVQ
>>57
それ一台の値段でなく、高機動車に積んだ発射機2台、情報処理装置、射撃指揮装置、観測機材、装填機の
システム1セットの値段だろ。1発5000万円のミサイルだけで、6発*2組の6億円になり、システム全体で見ると
妥当な値段。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 18:36:33 ID:DRPURHEg
>>58
ミサイルだけで6億って流石に舐めてませんか?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 19:08:24 ID:tioTUQWQ
96MPMSをただのATGMと思ってもらっては困る
10km以上飛んで第3世代MBTの主装甲を貫徹するほどの性能がある
とはいっても軽MATも1発2000万円以上するからそんなに高いわけでもない

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 19:22:51 ID:2GS/rnJS
異文化交流気分で来たけど参加していいですか? もしかしたら稚拙な質問するかもしれませんが・。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 19:49:59 ID:tioTUQWQ
>>61
質問と称した自説開陳をして気に入らない回答が返ってきたら荒らしたりしなければいいんじゃね?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 20:03:05 ID:2GS/rnJS
>>62 thxです。 そんな輩ではないので大丈夫です。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 20:04:09 ID:LQo0tPMY
>>61
東アジアを絡めなければ比較的まともな答えが返ってくるぞ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 20:13:21 ID:2GS/rnJS
>>64 えーっ!? 手足を縛られた気分・・・。 

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/17(土) 21:03:33 ID:77RIn9ID
>>61
貴様の様な知的障害者や知的弱者は質問禁止だ。

帰れ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 01:12:52 ID:ayFfgCjr
第二次世界大戦における敗戦国の主な司令官は皆責任を取り自殺、或いは殺されていますが、たった一人だけ例外の人物がいると聞きました。
その人物は当時全ての軍の統帥権を持ち、圧倒的な権限を掌握し唯一戦争を止められた最高司令官にも関わらず、
責任を全て部下に押し付け、
その部下が次々と殺されていくのを見てみぬ振りをしたうえ、
自分は年間数百億以上の金を貰い、
戦後自国民が貧困で餓死するなか何不自由ない裕福な生活を死ぬまで送っていたと聞きます。
私は本当にそのような人物が存在しているならば絶対に許せないし、人としてどうなのか?と疑ってしまいます。
ここで質問なんですが、
この話は本当なんですか?
またこの人物は何者なんですか?
何故殺されもせず、自殺もしなかったんですか?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 01:25:46 ID:e4OMmLzW
>>67
コピペバカは巣に帰れ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 11:22:46 ID:nCqbkLgc
>>67
つ「輔弼」

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 16:54:54 ID:xNVW40wR
日本は本当は多民族国家なのに、
政府が単一民族国家と嘘をついているのは何故でしょうか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 19:04:54 ID:TNReJbFn
太平洋戦争に負けたので日本にアメリカ基地があるわけで。
もう出て行ってもらったほうがいい。日本のことは日本で」決めるべし。アメリカに頼る必要ない。気分も悪いし。何で外国の兵隊をのさべらせて置く必要があるの?明治維新を成し遂げた人々が聞いたらびっくり。











72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 20:37:40 ID:nCqbkLgc
>>70
「本当は多民族国家なのに」のソースよろ。

>>71
日本語でおk。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 20:58:48 ID:t2Nk4djf
琉球、アイヌ、ウィルタ、ニヴフ等を忘れてもらっては困る

シナチョンは知らんがなwww

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/19(月) 01:01:39 ID:GQ6cHIPq
今起こっている普天間移設問題は元々自民党のせいですよね?

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/19(月) 01:27:15 ID:k36+lAhe
まあ、自民党が何もしなければ普天間基地移設問題なんてものは最初から存在せず普天間基地が存続してるだけだっただろうからだろうからそう言っても嘘ではないだろうなw

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/19(月) 08:53:25 ID:bj0Isr96
>>74
元々アメリカのせいです。
国外に移設されれば解決するでしょう。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/19(月) 09:42:42 ID:69Vs4nPV
>>74
まぁ、安全保障条約を結んだ以上、確かに自民党に責任があるとも言える。
条約には基地の提供の義務があるからね。

ただし、その自民党が基地の危険性を考えて移設計画を進めてきたのを、
民主党政権がストップをかけて混乱させている訳だから、自民党だけに責任があるとは言えないのではないかな?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/19(月) 14:00:47 ID:7JesyStN
>>70
現在の日本政府は、大日本帝國の政府の政策をそのまま引き継いでいるだけです。
かつての大和朝廷、歴代幕府は同化政策を行い、大日本帝國政府はそれまで以上の徹底した同化政策を行いました。

>>73
日本は、元々大小200を超える民族が暮らしていたわけ。

いわゆる大和民族とされている人たちも、いわゆる漢民族やゲルマン民族と同じで多数の人種や民族の集合体。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/20(火) 02:26:04 ID:usXVzLLD
>>78
大和朝廷、歴代幕府、大日本帝國政府による同化政策の内容を、
それぞれ具体的に教えてください。

それと、日本に居た200を超える民族を全て教えてください。
無理なら主要な民族だけでいいです。

80 ::2010/04/20(火) 02:48:45 ID:ymbMMqAq
>>70
学術的には民族ないしは民族集団(ethnic group)は文化、つまり言語・習慣・宗教などで区分される。

重要なのは、区分の線引きは文化であり、遺伝子や思想では無いという点。
この線引きは常に曖昧で、主に為政者の都合によって決められ、それは国際的に慣例化している。
よって仮に日本政府が日本人は単一民族であるといえば、日本程度の差異である場合普通に認められる。

しかし、現在の日本政府はそんな主張は全くしていない。 
日本には少数民族の保護法があり、法があるということは、公式に他民族であると認めている事になるからだ。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/20(火) 19:26:17 ID:vs08euLA
ですが、オタク族と言う少数民族は弾圧されています。
何故保護されないのでしょうか?

82 ::2010/04/20(火) 20:51:18 ID:ymbMMqAq
弾圧などされていない。
むしろ優遇の極みにある。
あれほど非生産的で鬱陶しい民族でありながら、その旺盛消費欲求は各方面で強い影響をあたえ
日本は日々、奴らに蝕まれつつある。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/20(火) 20:55:19 ID:usXVzLLD
でもさ、オタク族の表現行為って、誰にも迷惑を掛けて無いし犯罪性も皆無で人権侵害でもないにも関わらず、
法律でも社会的にも厳しく制限されてるじゃん。

84 ::2010/04/20(火) 21:01:45 ID:ymbMMqAq
カナダを見ろ。
アレに比べれば日本の規制などあって無きが如し。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/20(火) 21:58:04 ID:usXVzLLD
五十歩百歩だよ

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/21(水) 20:49:08 ID:rZ1vICD4
>>81
日本民族の価値観を覆す価値観を持っているから。

御宅的な自由主義と保守主義、封建主義が、
現代日本人に受け入れ難いから。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 22:48:34 ID:QJfCIUOL
質問。
普天間基地の部隊をグアムに撤退させることは可能なんでしょうか?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 23:14:02 ID:ZtkP3Z1j
米側としては台湾と朝鮮半島が遠くなってしまう上に近くに演習場が無いと困るので沖縄本島以外の場所は避けたい

尤も日米同盟を破棄すれば普天間基地どころか在日米軍の全部隊を撤退させられるがその後どうなっても知らんw

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 23:48:44 ID:QJfCIUOL
しかし、もう現時点では沖縄はほぼ不可能になってしまった
勿論徳之島があの状況では本土移設も困難だし、もう鳩山政権に残された手段は普天間基地継続か、海兵隊撤退しかないように思えますが…

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 23:49:51 ID:lNZ3gYwg
普天間は台湾と韓国の後詰め。
日本の独断で何とかなる話ではなく、本来は4者協議が妥当。
本格的に普天間移設の話が具体化すれば日本はアジアの西側陣営の中で孤立する。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 23:59:30 ID:QJfCIUOL
えっ?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 00:06:32 ID:t0eh9r/p
えって何が?


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 00:26:23 ID:dxTGxxs6
何で中華民国やサウスコリアが出てくるの?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 00:36:09 ID:dbhc5dRX
>>90
台湾・・・国家が無いので主権無し

中華民国・・・中華人民共和国が内政問題だと騒ぐ

大韓民国・・・助ける必要なし


結論:普天間要らないじゃん

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 00:45:46 ID:t0eh9r/p
>>93
沖縄米軍は日本を守ってる訳ではなく、中国に対するにらみと
台湾や在韓米軍の重要な兵站基地として設置されている。
(ちなみに日本本土のの兵站はハワイが担当している)

キャンプシュワブならば距離的にも妥協点だが、徳之島や本土移設となれば話が違う。
アメリカは航空機や船舶の作戦行動の見直しを迫られる。
基地というのは単独で存在してる物ではないから、他の軍施設や同盟軍との連携まで変わる。
満足な港一つもない徳之島では平時の軍のサポートもできない。
これは日本一国の問題ではなく、他国の軍事力や装備、配置に重大な変更を迫る問題だ。

それは日本を含むアジア全域の防衛構想のほころびを意味する。
つまり、現政権が出している案はあまりにも非現実的で、恐らく後ろで糸を引いてる某国も
逆にポッポがここまで律儀に言う事きいてくれてむしろ驚いてるだろう。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 02:37:38 ID:ihPtoP47
>>95
たぶん昔アメさんも驚いたと思う
あんまりホイホイ言うこと聞くもんで

まあ交渉文化の違いなんだが、外交面で有利ではないわな

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 07:13:16 ID:HhdAX7+A
>>89
普天間の継続も沖縄県内の案の一つだと思うw

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 09:06:09 ID:yt66i2qf
>>95
ここは初心者スレです。一般的な見解を回答として示すべきであり、貴君の個人的な意見を
述べる場所ではありません。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 09:06:29 ID:dxTGxxs6
何で沖縄の人達は揃いも揃って沖縄脳なんですか?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 14:02:05 ID:dzRG0I8F
沖縄みたいに地政学的に戦争に巻き込まれたり、
大国の利害が衝突しやすい位置にある小国の国民は、
一般的には防衛や安全保障に関する意識が高くなるはずだが、
何であんなにお花畑なんだろう?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 14:02:30 ID:t0eh9r/p
>>97
そうか?かなり一般的な話だと思うぞ。
自衛は外交だ。他国との連携・協調は基本中の基本。
沖縄・台湾はアメリカの防衛ラインの重要な一翼で、中国は何とかしてそこに穴をあけようと昔からアノ手この手を使っている。
民主の支持母体である日教組や連合は何十年も前から大陸の影響を受け続けてきた団体。与党議員に帰化人も多い。
アメリカは自国の兵力と今後数十年の国家戦略、中国とのバランス、アフガンや中東戦線をにらみながら譲歩し、基地移設を認めた。
 
まさか本気で、沖縄県民に配慮なんて話を信じてるわけじゃないだろ?

102 :101:2010/04/23(金) 14:07:02 ID:t0eh9r/p
ごめん
レス番間違えた。
>>98です。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 21:08:17 ID:HhdAX7+A
>>100
ヨーロッパ風の覇権主義を持つ国が現れたのが近代以降だからなぁ
長いこと中国の朝貢国で収まってて、薩摩に併合された時も中国がそれに対して武力介入してきたりしてないし
冷戦中は防衛上の主な関心は北のほうだったし東シナ海が地政学的にヤバくなってきたのってここ20年ぐらいじゃないだろうか

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 00:37:12 ID:eE3sSzSW
>>100
國民性じゃね?

>>103
一度米帝の沖縄侵攻を経験してるから、それをきっかけに防衛や安全保障の意識が高まってもおかしくないが、
斜め上の方向に意識が行っちゃったからな。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 01:24:13 ID:Dbb1M3PQ
>>100
島国はそんなもんだ。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 18:32:00 ID:E+l3jE7C
第二次朝鮮戦争が起こった場合、日本にはメリットとデメリットどちらのほうが大きいですか?

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 18:38:58 ID:8MQxHCx5
圧倒的にデメリットが大きいだろう
まず北朝鮮が米軍の介入を妨害するために在日米軍基地を攻撃してくるだろうし、難民も流入してくる
一方朝鮮戦争のときと違って今時戦争が始まってから主要装備を増産するでもないだろうから特需なんてもんはほとんど無いだろうし、米軍が動くことによって少しは金が落ちるだろうが上の損害のほうが大きいと思われる

で、戦後のことだがどちらが勝つかや北朝鮮の核が無力化されるかなどによって違う
最悪のパターンは北朝鮮が勝ってしまう場合で、韓国が勝っても北朝鮮の核付き統一なんかされたらやっぱり困るし北出身の政治家や軍人が統一朝鮮の要人に多く入ったりしてもやっぱり迷惑
尤も韓国が勝って核も除去され統一朝鮮の北出身者の影響が小さかったとしても、韓国が経済的ダメージを負うことでやっぱり日本にも悪影響がありそうだが

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 18:58:01 ID:E+l3jE7C
>>107
回答ありがとうございます。
因みに今回の魚雷攻撃は北朝鮮側にどのような意図があったと思いますか?
まさか北朝鮮は韓国と戦争始めるつもりなんですか?

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 20:22:57 ID:8MQxHCx5
>>108
それについては現在進行中の出来事でまだ原因が確定してないからこんなところで話しても信頼性が限りなく低いが・・・
もし北の攻撃だったとしてもこのタイミングで攻撃する意味がちょっと分からん
俺は北の攻撃ではなく古い機雷に引っかかったとか魚雷攻撃だったとしても偶発的なものや一部の奴が暴走した結果だと思うが

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 20:23:05 ID:vOBg1TPq
>>108
そもそもまだ、北朝鮮が魚雷攻撃したという明確な証拠が出てきてないわけだが。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 22:53:11 ID:YdurFcda
>>107
お前は朝鮮戦争で日本に特需があったのをしらんのか

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 23:15:49 ID:8MQxHCx5
>>111
お前が3行以上の文章が読めないのは良く分かった

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/25(日) 00:45:35 ID:RJsnq0bX
>>111
こいつマジかよ・・・
馬鹿にもほどがある。

今の時代製造能力に対する人件費等の費用対効果は中国ベトナム台湾が圧倒的に上だ。
儲かるのはここら辺だけで、日本は思いやり予算とかよくわからん対米支出がさらに増えるだけだ。

それに昔と比べて日韓の経済的結びつきは比べものにならんし、戦争が長期化したら売掛金が焦げ付くし、
そんなことになったら日本の経済もズタズタになるわけで、そうならないように日本はものすごい金をかけて韓国を支持するだろうさ。

難民もボロボロ流れてくるだろうし、それを受けて日本の在日勢力の声もでかくなるだろうし、
今の時代第二次朝鮮戦争なんて日本にとって百害あって一利なしだ。




114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/25(日) 09:00:33 ID:eFkO5PZO
この板も派生議論スレが必要だな

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/25(日) 15:46:51 ID:bP4kUkQ2
占守島には今もチハの残骸がありますが、あれを撤去しない理由はロシア人のアバウトさでしょうか?
とすれば、ロシア本国の古戦場には今もタイガーやパンたーの残骸があるんでしょうか?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/25(日) 18:46:21 ID:XpIS+dgV
何故日本は、外国に対して自国に有利な政権ができるよう内政干渉しないんですか?

ばら撒き型のODAは、途上国の汚職政治屋や官僚の懐を暖めるだけで、
費用対効果は悪いと思うのですが。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 01:31:17 ID:lKTM0HNS
>>113
そうとも限らんな。
まず、世界のグローバル競争で日本が負け続けのサムスンやヒュンダイが軍事産業で忙しくなって日本勢にチャンスが生まれる。
そして特需がくるのは中国だ。一方で間接的ながら当事国でもあるから物価がはね上がり、資源価格が高騰し、現在の競争力は失われる。
沿岸地帯の金と才能のあるやつらはアメリカに亡命し、一部は日本にくるだろう。
この機会をいかして危機意識と愛国心をあおり、現在の中国による間接支配状況をひっくり返す事も可能だ。
少なくともアメリカとの同盟は必須だと国民全員が再確認する。それだけでも十分意義がある。

そして待ってましたとばかりにアメリカが新兵器、今回は恐らく遠隔無人機と宇宙兵器をテストするはず。
日本は両分野ともアメリカに次ぐか、もしくは凌駕する技術があるから日本で死蔵されてる様々な技術や人材に光が当たり
現在のジャパンパッシング状況を打破できる糸口が見えるだろう。
徐々に南アジアで存在感を出し始めていた元は紙くずに戻り、ドルが急騰して、結果、円が売られ120円あたりまで回復し
この円高で鍛えられてきた輸出企業が猛烈に攻勢をかけ、空洞化に歯止めがかかる。
一方の間接的当事国である日本も物価が上昇し、タンス預金が引っ張り出されてインフレに向かう。
適度なインフレは財政状況を一気に改善させる。税収は時価だが借金は定価。インフレで返せばその分返済率は上がる。
結果として日本は先進国初の財政破綻という不名誉を回避する事ができるだろう。

朝鮮戦争は起った方が良い。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 01:48:54 ID:5JTaH26G
2行目だけは同意できる

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 08:29:58 ID:ErpsdY4F
質問です。
現在F-XでF-4支援戦闘機の後継機について色々揉めていますが、
ならば一層のことパトリオットミサイルなどの地対空ミサイルを大量に購入するのはダメなんですか?
元々日本の防衛ドクトリンは専守防衛ですし、パトリオットなどは自衛隊の運用に最も則した兵器ですよね?
北海道、沖縄を中心にもっと全国的に配備するべきではないでしょうか?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 09:06:50 ID:BFuY1L1n
>>119
かつての迎撃ミサイルのような形態の任務は確かにSAMのものになっている
ただ、戦闘機は事前にある空域に進出し滞空できることや判断力を持っているという点でSAMに勝る
まだSAM(ないし無人戦闘機の類)が有人戦闘機を全部代替するほど技術は進歩していない

F-22がダメなら近距離戦闘能力を無視して遠距離戦闘能力に特化した機体にしSAMで保管する手はアリだと思うが

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 11:29:31 ID:trHVEHtR
>>119

地対空ミサイルは、高価な割りに柔軟性が
低いので、拠点、乃至は地域防衛にしか使えません。
そして非常に高価です(例えば03式中SAM一個群の構成で約470億円)

これで日本全国をカバーすると非常にコストが嵩み、非効率です。
拠点防衛用のSAMと、制空用の戦闘機の組み合わせで
その他の地域、乃至は重要方面の制空に当てたほうが効率がいいのです。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 12:03:19 ID:ErpsdY4F
確かに装備単体では地対空ミサイルのほうが高いかもしれませんが、
戦闘機の場合、まず空港が必要ですしそのうえ燃料費も馬鹿にならないし、パイロットも育成しなければならない。
総合的にどっちがお得なんでしょうか?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 13:16:48 ID:va+glXp2
>>122
防空コンプレックスのどこに比重を置くか、ってのは
案外難しい問題でね
それは、軍事ドクトリンによる、としかいいようがない
誤解を恐れずにいうと、旧東側諸国や第三世界の国は地対空火器に重点を置きがちだ。
理由は、あなたのご指摘のとおり、なにしろ金がかからずに済むからだ。
一方、西側諸国は航空機に重点を置く場合が多い。
金はかかるが、投じたリソースが防空以外にも使える。

まあ、ある程度金のある国はほとんど後者の道をとるので
そちらの方が効率がいい、という判断なんだろう

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 15:28:08 ID:I7lZ6Ccp
日本の防空能力や防空網はソ連に勝ると言われており、
アメリカでさえも日本列島上空で航空優勢や制空権を確保するのは難しいと言われております。

実際どうなんですか?
詳しく教えてください。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 16:06:01 ID:va+glXp2
>>124
その「言われている」というソースを提示してくれ
少なくとも、オレは聞いたことがない
話はそれからだ

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 16:09:23 ID:ErpsdY4F
>>123
それはただ西側が地対空ミサイル開発においてソ連に劣っていたからではないのですか?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 18:19:40 ID:BFuY1L1n
>>124
いくらなんでもアメリカが本気になったら日本の航空兵力は壊滅する
まあアメリカといえどアフガンやイラクをボコったようにはいかずそれなりの犠牲は出すだろうが

ソ連との比較は時期によって異なる
70年代以前の空自は対爆撃機専門部隊に近くベレンコ中尉亡命事件でも分かるように戦術機の低空侵攻に対しては無力だったが、
80年代に本腰入れてE-2とF-15の整備をやったおかげで冷戦末期にはソ連は北海道の航空優勢を取るのは難しいと思っていたらしい

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/26(月) 22:58:37 ID:mKdkzVTl
>>127
軍事的な視点の考察は不要。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 01:08:52 ID:FWrlHc6p
私は,沖縄の基地移転について,単純に沖縄沖に米軍用の人工島つくったら
万事解決するような気がするのですが,どう思われますか?


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 01:17:30 ID:dtAyqbbj
実際の所どうだろう?
現在のアメリカの原子力空母就役が全部で10隻
流石に中東の3隻は削れないし、南米に1隻 大西洋に2隻、インド沖に1隻のこした場合。
空母三隻実戦稼働でF−18が140〜160機
開戦場所にもよるが、仮に沖縄とかの地上基地を併用できずに空母のみで発着した場合
フル稼働しても一度に行動できるのは100機が上限じゃないかな。
対する日本はF−15Jが全部使える訳じゃないから、やはり100機ほど。
F−2が60機で・・・まあやや優勢といったところか。

でもパイロットの練度やら経験が違いすぎるからなあ・・・

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 01:38:52 ID:vyFVWvBy
>>129
現行案の辺野古沖埋め立てがそれに近い筈なんだが・・・
普天間のように市街地の真ん中にあるわけでもなく、面積自体も普天間より縮小し、また海上なので騒音の被害も軽減でき、米軍側も不便でない土地という良案だったのに民主党がそれを引っくり返してしまった
民主は沖合いの埋め立てだろうがなんだろうが沖縄県外もしくは海外と国民に約束してしまい、間違いが分かった後も国益より自身の面子を優先する気のようなのでそれもボツということになる

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 16:24:46 ID:GJDaWuuu
>>124
確かに現在の日本の防空能力はソ連よりは優れているが、
縦深防御が不可能な国土だから、
アメリカが本気を出せば陥落するのは時間の問題。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 23:42:50 ID:SF55cQBs
日本に比べたら、ソ連のレーダー網は笊だろw

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/28(水) 02:13:06 ID:Wo8wMraA
日本が、艦対地兵器、空対地兵器、対電探兵器に力を入れないのは、
政治や自衛隊の怠慢でしょうか?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/28(水) 20:53:16 ID:gysGn3A3
そこらへんは最近少しずつ予算が付き始めたところといったとこだろうか
アメリカなどと比べると貧弱極まりないが比較対象が悪い

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/28(水) 22:33:41 ID:Wo8wMraA
強い軍隊を持つ事や兵器開発に投資する事が、
国民の士気高揚、自国の国際的地位の上昇や発言権の増大、
外交で有利に、科学技術や産業の発展に寄与する事が、
日本の政治家はイマイチ理解していない。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/29(木) 15:44:11 ID:J8KmvUPG
日本が、武器輸出をしなかったり、兵器の国際共同開発に参加しないのは、
売国政治屋が邪魔をしているからですか?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/30(金) 16:15:25 ID:u6GtlnUt
日本は、国民に国防、安全保障、外交、軍事に関して十分な教育をせず、
しかも、選挙でもそれらの政策が争点にならないのは何故ですか?

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/01(土) 02:16:07 ID:WXH5qd4/
国民がそれを望んでいるから

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/01(土) 18:22:51 ID:JgZWln02
>>139
私はそんな事を望んでいません。

頭が良い国民、まともな国民よりも、頭が悪い国民、いかれた国民の意見を重視する民主主義国家は国家として破綻します。
愚かな人間よりも優秀な人間を重視するべきです。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/01(土) 18:27:27 ID:nBZ1xk8U
日本はアメリカみたいにバカでもチョンでも組織を運営できるようなマニュアル文化が無いし、第一日本のエリートはさほど優秀でない

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/01(土) 20:20:13 ID:JgZWln02
>>141
エリートが優秀じゃなくて、人生負け組みの庶民の方が優秀な場合も珍しくないってどういう事よ?

社会制度に欠陥があるのだろうか。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/02(日) 00:25:38 ID:ZtvL7Zhq
>>140
君の望みなんてどうでもいい。国民が望んでるってことだ。それが民主政治だ。
君の望み通りの社会にしたいならクーデターを起こして専制君主制でも敷けば良い。

>>142
あと良ければ何を持って優秀と言うのか教えてくれんか?
人に自分の優秀さを認めさせることほど難しいことは無いと思うがな…

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/02(日) 01:45:28 ID:EvsMDkfZ
日本は典型的な多数決社会だから。

真に優秀であるものが優秀ではなく、例え真に見たら愚劣でも数が多い意見が優秀となる。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/02(日) 17:57:42 ID:ZtvL7Zhq
まぁチャーチルも、民主政治こそ最悪の政治形態って言ってるからなぁ。
他に良い政治形態が無いから仕方なく取らざるを得ない。

元々古代地中海世界が没落したのも衆愚政治に陥ったからだからな。

ちなみに独裁者が完璧な人物だったならば独裁政治が、
一切の綻びなく封建制を完成できたなら貴族政治が、
最良の政治形態なんだろうな。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/03(月) 15:45:37 ID:G3ZIWEOj
民主主義は、一握りの人間に権力が集中する専制君主政に対し、
国家の構成員たる市民全員に権力を分散する事で、
邪悪な君主が登場しないようリスクの分散をはかると言うもの。

決して、民主主義は優れた政治形態ではない。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/03(月) 16:43:38 ID:6Ay4FxYU
サタンは、1962年2月5日、中東のある国に生まれる。
公然と姿をあらわし、人類愛と地球平和をうったえかける。
さまざまな手品を演じてみせ、信者をだます。
ヨーロッパ連合の軍事指導者にえらばれ、「軍団」を組織する。

世界から救世主とたたえられるが、権力の座についたとたん
悪魔の本性をあらわにし、恐怖政治をしき、大虐殺をおこなう。

「世界統一ニューキリスト教」というキリスト教に、
サタンの教えをまぜた「木曜日を祝日とする宗教」をひろめる。

「黙示録の獣」は、メシアの衣装をまとい、キリストのようなヒゲを
生やしている。
ニセ・メシアとニセ預言者の2人組み キヲツケロ
                            ミカエル



148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/04(火) 00:39:54 ID:kyNkVCMx
「ヒゲの隊長」こと佐藤正久さんはどうですか?国会での質問見る限り、
元幹部自衛官だけあって防衛に関する見識は高いと思いますが。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/04(火) 09:23:37 ID:/xwnHojt
>>148
タモと似たり寄ったりです

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/04(火) 22:43:57 ID:guu4TitI
いくらなんでもゴラン高原やイラクなどの国際協力活動での実績もある
佐藤さんをタモさんと同列に扱うのはおかしいだろ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/05(水) 23:44:42 ID:Ky4R4beX
>>149
佐藤隊長は、田母神なんかよりも政治に詳しいはずだが?

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 02:22:35 ID:M7VqNdZA
武器輸出三原則は法律ではないから、
日本は、与党が兵器を海外に輸出しようと思えば、
いつでも輸出できる状態なんですか?

ですが、売っても問題なくて、売った方が日本の利益になる兵器がたくさんあるのに、
全く輸出しないのはどうしてですか?


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 03:45:49 ID:Jku9vpib
>>152
売れないとわかってるから。

軍ってのは多分に地政学に基づくもので、同じ兵器でもその運用思想は国によってまるっきり異なる。
日本製の兵器は国内での評価が高くても、それが他国でも通用するかとはデータが無いので何とも言えん。
メンテナンス性や汎用部材の有無等がまるっきり未知数では、買い手が付かないだろう。

それに販路は既に古参の欧米諸国が握っているので、そこに新規参入・新規開拓するほどの営業力を1から作り上げなきゃいかん。
主権国家相手に兵器を売るには武器の性能以上に政治的根回しが必要だし、
テロなどの民間?組織に卸すとしてもそういうところは金が無いから、ロットが作れずどうしても割高になる日本製兵器を
わざわざ好き好んで買うわけがない。


154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 07:34:43 ID:YARLg6pN
>>152

確かに武器輸出三原則は法に基づいたものではないが、
”政府方針”だからそう安々とは変えられない。
(鳩山個人の発言ですらあれだけふら付いて問題になるのに、
ましてや歴代政権が受けついてきた方針を変更するのは難しい)

少なくとも輸出のメリットが、政治的コスト(政権支持率、
変更の為に各党、議員の間で行われる調整に関する
時間的、政治的コスト等)を上回れば、可能。
実質的には、武器輸出三原則の変更は法律を変える並に
大変。

政治家の皆さんにとって、

>売っても問題なくて、売った方が日本の利益になる兵器がたくさんあるのに

の類のメリットよりも、コストの方が遥かに高くつくように
見えるのでしょう。
(そもそも、そんな兵器沢山あるのか?海保の巡視船とかか?)



155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 16:59:52 ID:8IpEZNXZ
>>152
そもそも、メーカーでも売らせてくれとは言ってない
売れないと分かってるから。

メーカーが求めているのは、アメリカ以外との共同開発だけ。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 17:24:26 ID:M7VqNdZA
>>153
>売れないとわかってるから。

売国政治屋や無能政治屋が決めた武器禁輸を、
お前さんが必死に自己肯定してるようにしか見えないんだが。

日本製の民間製品の軍事転用は相当な額だし、
日本製の兵器や軍事関連製品が100%売れないと言う保障はどこにもありませんよ?

>>154
売国政治屋や無能政治屋があれこれ文句を言うから、
法律を変える並みに大変になるんだよ。

>>155
中韓ロとの共同開発なんて勘弁してくれ。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 18:44:56 ID:8IpEZNXZ
質問を装った演説がしたいなら、他のスレにいってくれ。
相手をしてくれる奴が一杯いるだろう。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 21:02:43 ID:P/Gs7iqu
>>156
お前さんそれ質問じゃなくて同意を求めてるだけじゃん。
自分にとって耳心地のいい意見を探してるだけならスレ立てて思う存分議論すればよくね?



159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/07(金) 23:22:42 ID:dvXzDrWF
何故日本は、対AWACS攻撃用のAAMを開発しないんですか?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 10:36:57 ID:FABOZ7Up
>>156
>中韓ロとの共同開発なんて勘弁してくれ。
米中韓ロとの共同開発ならいいのか?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 11:31:40 ID:QpEmG478
>>151
それは佐藤を過大評価しすぎだろう

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 17:49:33 ID:7mpKADG3
プライムニュースで軍事オタク特集してくれないかな?

「実は日本の一般国民は軍事に詳しかった。」と言う題で、
軍事板に居る一流軍オタと軍事に詳しい国会議員をゲストで呼んで討論させて欲しい。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 17:56:48 ID:f/6PQWWL
軍ヲタもピンキリだけどトップの方にいる奴は読書量や知識量がマジで半端ないからな
国会議員のなかで防衛方面に強い人にも勝てるかも知れん

でも質問スレでする話題か?

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 18:46:52 ID:7mpKADG3
ただ知識があるだけじゃだめだ。

思考力とか知恵とか判断力とか発想力が無いと。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 20:13:54 ID:f/6PQWWL
防衛族議員が普段から軍事的思考力を鍛えてるとは思えんのだが
なら現役の幹部自衛官か外務官僚あたりの方がいいと思うが

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 21:14:14 ID:XeKRVm57
あのー 百里のRFー4て、まだフィルムですか それともデジですか
去年の基地祭は歩くの面倒で駐車場で撮影
普段は、カメラ板に住み着いています

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 23:23:16 ID:/OtrCzHl
>>166
すでにデジで、撮影即伝送らしいお。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/09(日) 02:14:14 ID:Q2aR8sKW
南西諸島の島嶼や経済水域、領空を守るには、
沖縄本島に基地を設置するのが最も効率的なのでしょうか?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/09(日) 02:24:18 ID:uSc5fDqs
沖縄本島は南西諸島で最大の島で、比較的インフラが整ってるし広い演習場があるのでやっぱりそこが望ましい

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/09(日) 10:41:17 ID:Uz1gSmDB
>>168
その通りだと思う。
何かの本で、今の世界で最強の要塞はオキナワだと書いてあった。
無論在日米軍とかそういうものも含むけど、何といっても地理的条件が素晴らしく、
大陸にも南方にもにらみを利かせられるし、攻め込むとすればまさにハリネズミだ。

ただ、住民感情が問題だな。
本土の俺らには永遠に理解できない考えが沖縄人にはあると思う。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/09(日) 16:00:08 ID:J5ajcsq+
沖縄は地政的に重要戦略拠点であるのは変わらないのが
沖縄の不幸の始まりかもね?
もしもう少しずれて太平洋にポツンとあるとか大陸に近いとかと
なると違った事になったかもだけど、それならそれで違う歴史に
なっただろなw
結局相手がいるって現実はどうしようもない事実なので、沖縄県民が
どう考えようと立場は変わりようがない。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/09(日) 19:23:21 ID:4h7YM1Gp
いつかキプロスのように中国と半分こなんてことになりそうな悪寒

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/10(月) 02:45:02 ID:gKfpLxN3
>>171
沖縄県知事・一部の沖縄県民を説得して来い

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/10(月) 18:28:28 ID:afaPxSHg
石破茂衆議院議員のブログに以下の様なコメントを投稿しましたが、掲載されませんでした。

>仮に、沖縄にある米海兵隊の基地を海外に移設した場合、
>南西諸島、琉球諸島にある日本の島嶼や海域を、
>他国の領土や資源の強奪を試みる泥棒国家や日本侵攻を企む侵略国家から守る事が難しくなります。
>だから、仮に普天間基地の海外移設に成功しても、結局は沖縄に米海兵隊の代替戦力(例えば日本海兵隊)の基地を置かなければなりません。
>
>琉球列島と言う、太平洋とアジア大陸を結ぶ地政学的に重要な位置にあり、
>中國、日本國、米國と言う大國の勢力がぶつかりあう場所に住んでいながら、
>沖縄人(琉球人)の、外交・防衛・安全保障・軍事・地政学に関する、
>知識や意識の低さには呆れてしまいます。
>彼らは、西暦1945年のアメリカの沖縄侵略で、防衛力の欠如が外敵からの侵略と言う悲劇を招くと言う事を学ばなかったのでしょうか?
>
>「戦争は悲劇だ悲惨だ。」とか、「軍隊や基地は要らない。」などといくら唱えたところで、
>現実は変わらない事を彼らは学習するべきだと思います。

何故でしょうか?

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/10(月) 18:29:55 ID:afaPxSHg
>>171
太平洋にポツンとある・・・マリアナ諸島の島々と同じように欧米の植民地

大陸に近い・・・早々に支那人に侵略されて先住民(沖縄人)は駆逐され、現在では中国領土

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 00:04:45 ID:rwSLnChd
>>174
沖縄は今まで散々、それこそ明の時代からずっと他国に蹂躙されつつ独自の文化を育ててきたんだ。無論その他国ってのは日本も含む。
そうして薩摩藩の侵攻・支配を受けつつも日本について行った結末があの戦争だ。

彼らは本土の事は未だ内地と呼ぶんだ。この呼び方は日本統治時代の朝鮮人や台湾人と同じなんだ。

だから住民感情ってのは相当複雑だ。そんくらいわかれよ…ボードゲームやってんじゃねーんだぞ。

そんなに軍を駐留させたけりゃ、お前のクソ狭い家の土地を焼き払って、在日米軍のゴミ集積所にでもしたらどうだ?

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 00:11:56 ID:wtC7yT7g
>>176
今度は個人宅を押収して作るんじゃなくて、
海の上に建設するんだからいいじゃん。

普天間は返還されるべきだし、実際に、
鳩山がひっくり返すまで返還一歩手前まで来た。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 02:29:59 ID:1uugRpQV
中谷さんや佐藤さんのような元幹部自衛官の政治家が増えれば、日本の国会でも
アメリカやイスラエルの議会のようにより高度で建設的な国防論議が可能になる
だろうか?

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 02:49:33 ID:wtC7yT7g
中谷はあんまり戦略的な軍事知識がある方じゃないから駄目だな

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 03:56:43 ID:R/4v/vN8
ここでいいのかな?
メチャクチャ基本的な質問
今話題の基地を国外テニアンだっけ!?にもっていくと
大変なことになる?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 18:31:17 ID:gbwgApcT
東アジア地域で紛争が起こる危険性の高い場所は台湾海峡と38度線だが、基地がマリアナにあったんじゃ緊急展開が存在意義の海兵隊が即応できん
だから南西諸島がふさわしい

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/12(水) 22:19:24 ID:xWgmwRXm
>>178
田母神氏が最もふさわしいわけだが

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/13(木) 00:00:08 ID:u/uPfgcz
どうして核ミサイルをいっぱい作りたがるんですか?数十発命中したら国ごと吹っ飛ばせませんか?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/13(木) 00:11:49 ID:I3TfUyMm
>>183
相手国からの先制核攻撃を受けた場合に自国の核戦力が全滅しないようにするため
そうしておけば先制攻撃しても自国も滅ぶことになるが、そうでないと先制攻撃した側が勝ちになってしまうので

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/13(木) 01:45:42 ID:u/uPfgcz
相手からの先制核攻撃は自国の核を狙ってくるのですか?
それが着弾して、使い物にならなった時点でかなりの被害が出ませんか?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/13(木) 02:13:21 ID:I3TfUyMm
>相手からの先制核攻撃は自国の核を狙ってくるのですか?
普通に考えて反撃を食らいたくなかったらそうするだろが
失うものの無いようなテロリストや貧乏独裁国家なら話は別だろうが

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/13(木) 02:27:40 ID:GoNCFIzn
電離層のあたりで核爆発させれば半径数百キロの範囲で電子機器が全て死ぬから
実際は先制した方が勝つと言われてる。
ロシアが真空管でそれに対応していたのは今は昔。
維持コストの問題でほとんど電子チップになってしまったしな。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/13(木) 23:47:23 ID:7cJIj1IH
台湾が中華民国を倒して独立するのはいつになりますか?

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 00:10:56 ID:42KxuYK1
F-2支援戦闘機が欠陥機だというのをときどき見かけるのですが
具体的にどの部分に問題があるのですか?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 00:35:14 ID:qUHs5pg9
>>79
激しく遅レスだが
有史以後の先住民は次の通り
隼人・熊襲 ・・南九州を中心に広く分布。南中国発祥のオーストロネシア語族と同祖と見られる。
        背が低く剽悍で肌が浅黒い。
土蜘蛛・・・・・九州東海岸から高知県、紀伊半島と近畿の一部に広く分布。
        その分布状況から黒潮に乗ってやってきたポリネシア系の海洋民族と見られる。
        平地に直径70センチから2メートル、深さ2メートルほどの縦穴を掘り、木の枝をかけて棲むことから
        この名がついた。
        (いわゆる竪穴式住居とは別物である。注意されたい)
佐伯 ・・・・・瀬戸内海および近畿地方に分布。アボリジニやインドネシアに類似の文化を見る事ができるが
        どちらが祖先かは議論が分かれている。背が小さく、口に格子柄の入れ墨をし
        他民族をさらって奴隷や妻とする。髪を額の生え際でカットする様が童子のようであり
        その略奪を好む様から小人(おに)とよばれた。酒呑童子、茨城童子の由来であると言われる。
        山中の天然の洞穴、または横穴を掘って住む。
出雲・・・・・・朝鮮半島からの渡来民族。高い文化と製鉄などの技術を持ち、山陽地方を中心に独自の勢力を持つ。
        単に韓国人の事を指して出雲族と言っていた場合もあり、記紀には現在の釜山などの事を
        日本国内の事のように書いていると思われる描写が多数あり、
        この事ことから、古代はこの地域と朝鮮半島は国境がなかったのかもしれないと考えられている。
越・・・・・・・中国の春秋戦国時代、戦乱を避け渡来したと越国人。現在の石川県から新潟を中心として
        中部日本に大きな勢力を築いた。同地域に越の地名が残るのはその名残である。
        対岸の北朝鮮・満州に類似の文化が広く残る。 
        体格がよく(日本で最も平均身長が高いのは新潟県)勇猛である。
アイヌ・・・・・バイカル湖周辺が発祥と見られる。
        縄文文化を築き広く日本全土に分布し、最近の研究ではポリネシアンの祖であるとも考えられている。
        地域に関わらず、日本人のDNAの75%は彼らと一致する。
        アイヌ語は日本語の原語となる単語が多く、一部は中近東の言語とも共通性がある。
        鼻が高く、体毛が濃く、目が茶色から暗褐色。その容貌からコーカソイド系と言われていた時期があったが、
        現在の研究でそれはむしろ逆で、彼らがコーカソイドの祖の一流であると判っている。
        延喜式によれば宮城県以北の東日本全域を支配し、王化したのは中世末期である。
        冬は獣皮をまとい、夏は木の葉をまとった。コノハノサクヤ姫はこれが由来と思われる。
        また奥羽、出羽等の「羽」は、当時の彼らの王、羽振王の羽(葉)が転じたものである。
        (現在も使われる羽振りが良いという言葉はこれに由来する)
        一部に明らかに後年渡来のヨーロッパ系の血流があり、そのグループは日本では主に秋田を中心に居住したようで
        秋田美人、秋田小町の由来となった。 
その他朝鮮半島、中国南部経由で多種多様の人種が渡ってきているが、彼らは比較的新しい来訪者であり、
おおよそ3万年前に日本列島に定着したアイヌ人、一万年前に南洋からやってきたポリネシアンと比較すると、
日本人のDNAに与えた影響はほん僅かで地域的にも限定的である。

つづく

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 00:37:09 ID:qUHs5pg9
続き
大和政権による同化政策は南から始まった。 
隼人は早くから帰順し、同化し、官位を得た。犬の遠吠えに似た声を発する事から、儀式に用いられ、その残滓は今の宮廷行事に伝わっている。
中央付近の異種族はおおよそ4世紀から12世紀にかけて徐々に同化した。
彼らは寺社の木を切り、村人をさらうために幾度も征伐を受け、その様子は記紀や延喜式、和歌本記から伺い知る事ができる。
一方,アイヌは江戸時代に各藩による一斉弾圧、同化政策によって急速に民族の独自性を失っていくがその度合いはかなり程度差があったようだ。
一部は大陸東北部との密貿易のために利用し、むしろ保護されていた形跡もあるものの、明治〜昭和初期の更なる弾圧、強制移住によってその数は激減した。
しかし、大正7年刊行の「日本先住民族史」によれば、著者の取材ではその近年までひろく東北地方にアイヌが居住していたとあり
彼らは絶滅した訳でも北に異動したわけでもなく、今もここにちゃんと居る、差別を恐れ、あるいは生活のためにアイヌである事を棄て、
ヤマト民族と同じ振る舞いをするようになっただけだ、と締めている。      

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 07:23:27 ID:UZ7LpnmP
>>189
レーダーや主翼強度に関する初期不良があった
今は直ってる
調達が終了したのは単に支援戦闘機部隊の3個飛行隊分の調達が完了したから

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 21:49:15 ID:OFOWdcyI
米のハリヤーには 先端が光学レンズのものと無いものがあるのはなぜ?

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 23:16:32 ID:e5jElUCW
>>190
出鱈目書くな池沼。

>朝鮮半島からの渡来民族。

全くの間違い。
出雲族は、中国地方山陰が起源。
勢力圏を拡大していく過程で、朝鮮半島南部にも進出し、
入植して任那日本府を作ったり、伽耶を属国とし、
百済や新羅と交易をした。

出雲は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、
正しくは、一部が出雲から朝鮮半島に入植したの。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/15(土) 04:38:24 ID:4z4/YV9Z
>>194
山陰の間違いは認める。送信した時あっと思ったが眠かったんで放っといた。
 
しかし、出雲が日本土着独自発展の根拠はなんであろうか?

出雲は出鉄ともかく。製鉄は日本民族にはない技術で、同時代に他に類例がない。
また四隅突出型墳丘墓は朝鮮半島に類例は数多いが、日本にはこの地域以外に存在しない。
八塩折の酒造方法も然り。
仮に交易によって得たものならば他に地理的にもっと近く
和妙抄にも最大の交易国として書かれている博多にも類例があってよいはずである。

出雲国風土記に「国引き」の記述がある。
「新羅を引き寄せたときの綱は、神戸川河口付近の海岸丘陵地帯であり、
綱をかけた杭は、出雲国と石見国との境の三瓶山で西の国境をなしている」
この記述を当時辺境の蛮国であった日本が
遥かな先進国だった朝鮮を従えた記述と見るのは無理があるだろう。
逆に解釈するのが自然であると思うし、実際に多くの書でそう解釈されている。

また出雲地方のDNA は日本人に少ないO系統が突出して高い。
このO系統はD系等のアイヌには全く含まれない遺伝子で、先住民の縄文人(アイヌ)とは
隔絶した血統である事を示している。

出雲族を韓国人と断ずるのは、実は皇族を韓国人と断定するのと同じで
長い間タブーとされてきたのは確かだが。
(出雲族はアマテラスの息子が先祖だと記紀にある。つまり出自から皇族の親戚)
 


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/15(土) 05:09:32 ID:4z4/YV9Z
任那日本府については、その存在は認めるが、
実体があまりにも茫漠としており
出雲が何らかの関わりがあったのは推察できるものの、
実証に足るものは何も見つかっていない。

これでは出雲の国作りが新羅の建国譚だという在日の主張と何らレベルが変わらない。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/15(土) 06:52:18 ID:4z4/YV9Z
ただ製鉄の話で一つ、実に気になる話がある。
日本の製鉄が大陸からもたらされたのは確実だが、このたたら製鉄は大陸では廃れていく。
しかし日本ではその技術が磨き抜かれ、やがて玉鋼を生み出すわけだが、
この玉鋼は今の所この方法で、日本人以外には生み出せない。現在の科学技術でも無理。

しかし、遠く離れたアイルランドの王家の墓からは、幾振りもの玉鋼の剣が見つかっている。
鉄には指紋のような固有の癖があり、産地によって違うのだが
このイギリスの鉄は日本の鉄と瓜二つだと人間国宝の研ぎ師も認めている。
ケルト民族と日本人の互換性は他にも多く指摘されている。
日本人=コーカソイド説はナチスが同盟を結ぶ際に広めた偽説だが、
一笑に付すわけにもいかない、多くの検証が必要な事蹟は多い事を延べて
スレ違い者は去りまする。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/15(土) 16:30:03 ID:XGnWIeau
まぁ、朝鮮半島は、白頭山大噴火とその後の北方からのチョウセンヒトモドキ(現在の韓国北朝鮮人)の浸入によって、
先住の百済、新羅、伽耶、高句麗(高句麗の文明だけは満洲に継承されたっけ)人はほとんど残っていないし、
文明も文化も言語も宗教も断絶してるからな。

今から検証するのは難しいだろう。

この前も、韓国が半島南部の古墳を破壊したなどの事件があったね。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/16(日) 01:50:46 ID:YNyfJGwe
朝鮮人は糞だな。

さっさと歴史の捏造と歪曲を認め、先住民に半島を返還しろよ。
日本にも、日本に亡命した伽耶系や百済系の末裔が今でも居るんだからさ。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/16(日) 03:56:30 ID:HzOxYDJa
お前が朝鮮人を大好きなのはわかったけど残念ながらスレ違いだ。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/16(日) 21:07:51 ID:6hf88dZw
よし
じゃあ今日も張り切って朝鮮人の話を

哨戒船沈没はどう見ても不自然です。各種証言と発表がくい違い過ぎて違和感たっぷりです。
何かの陰謀か真相隠しの匂いがプンプンするのですが、ここに居る皆さんはどう思われますか?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/16(日) 22:38:14 ID:SyIyhfdv
犯人が北朝鮮の可能性が高いと分かったからっていきなり戦争始めるのはバカのすることだろう
今北朝鮮を攻撃して勝てるのか、勝てたとして出費に見合う効果が得られるのか、外交に与える影響等の見通しを立てるまでは黙ってるつもりなんだろ
でも公表しちゃったら世論が沸騰して政府も見通しの立たないまま開戦に踏み切らざるを得なくなる危険性がある

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 11:14:58 ID:UYVokya3
まぁ北朝鮮の仕業なら仕業で、韓国側の外交カードにはなるが、その使い方だな。

景気がかなり厳しい韓国にとって開戦の臭いを出そうものなら、韓国から海外資本が軒並み引き上げられる。
内需が弱く海外に頼るしかない韓国にとってこれは致命的だから、なんとしても開戦は避けるだろうな。

ただ北朝鮮には元々守るものなんてないからいつでも暴走オーケーなわけで。

韓国としては大好きなメンツを保とうとすれば開戦は避けられず、開戦から避けまくってたら国内世論もだまっちゃいないだろうし、
辛いところだろうな。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 21:35:21 ID:KTczYDcG
軍事板の質問スレが荒らされるのは何故ですか?

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 21:51:24 ID:gBBHVPrV
安全保障についてトンデモな意見を持ってる奴にとって、正確な科学的・軍事的知識を持ってる奴やそれを学ぼうとしてる奴の存在は気に食わないんだろ

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 22:36:44 ID:KTczYDcG
荒らしてるのは池沼とコピペバカです

右翼は最近見ない

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 22:58:42 ID:gBBHVPrV
安全保障についてトンデモな意見を持ってるのは右翼に限るめえ
左翼でそういうのは結構居るしウヨサヨ以前の池沼も居る
まあどの道なんらかの思想的な理由でキチガイ染みた嫌軍事主義者なんだろ
軍事が好きでも嫌いでもなけりゃわざわざ軍板に来てあんな暇なことはしないだろうから

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 01:20:37 ID:4Qr/6dvH
現代日本について質問です。

・海兵隊を創設する
・陸軍着上陸部隊を作る
・海軍陸戦隊を作る

どれが一番望ましいでしょうか?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 01:26:05 ID:WfcJvpDY
リソース的に現実的なのは陸自が上陸戦闘重視の部隊を作ることだな
四国の第13旅団などは近所に海自の輸送艦部隊があるからよく海上機動訓練をやってるようだが

もし憲法改正と防衛予算大幅増のコンボがあるなら専門の海兵隊作った方がいいけど

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 01:29:01 ID:bqjzqrFB
   ・現在の海外派遣部隊を独立させ大規模予算投入。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 09:26:58 ID:d2D4FyGd
>>208
・核武装

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 20:41:21 ID:6wrtyiI/
まぁ舐められない為なら核が一番手っ取り早いな。

ただ今さら核ってのもなぁ。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/19(水) 23:42:48 ID:NNukGVcG
>>212
核じゃ物足りないのか?反物質とかがいいのか?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 00:11:32 ID:8ACCop72
核は撃った方が負ける兵器だからな。アメリカが最初で最後の例外だ。
持たないのが一番だ。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 02:24:47 ID:jLqwBH6r
>>214
例外だか何だか知らんが、他に撃った例があるのか?
持つのが一番だ。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 02:35:53 ID:QyPE4E8n
何をもって一番というのかにもよるが・・・
現実性の無い話をしていいなら戦争も軍備も無いのが一番だし

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 06:25:32 ID:UsiTgn5X
GANZの星人はなぜ核を使わないのでしょうか。
地球側もなぜ使わないのでしょうか。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 10:43:08 ID:TZV71Rmd
使用不使用にかかわらず
核信仰が世界中で信じられている限り、核抑止は実効性を持つ。

ただ今さら核ってのもなぁ

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 21:31:59 ID:ZWmz/SU5
>>216
サヨク乙

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 21:57:30 ID:C96lfHYg
20o6銃身・・・バルカン砲

12.7o6銃身・・・センチガン

7.62o6銃身・・・ミニガン

5.56mm6銃身・・・マイクロガン

センチガンとマイクロガンが作られないのは何故でしょうか?


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 22:59:19 ID:QyPE4E8n
>>219
サヨクは戦争も軍備も無い状態を現実性の無い話と言わんからw

>>220
ミニガン自体がニッチな存在だから

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 23:26:04 ID:cMSuyQeD
>>218
つかホントに何で今さら核?だよな。
あんなもん維持費がかかるだけだし、未だミサイル防衛が未熟な軍事技術の中、撃たれれば即終了だし、
撃った方も政治的に抹殺されるしで、さっぱり意味がねえ。

なんかネトウヨはすぐ核武装とか話すけど、ヒョロヒョロDQNがスタンガンもって粋がってんのと同じレベルなんだよな。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 20:13:07 ID:LYPLnmUM
何故、ニコニコ動画には頭が悪い人が集まっているんですか?

ニコニコの軍事系、兵器系の動画には、池沼や厨房の低俗なコメントが溢れていて嫌になります。
一定の知能に満たない奴はコメント禁止にして欲しいです。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 21:07:28 ID:occGGzLu
>>223
にこにこユーザーに失礼だとは思わんのかね?(笑)

大作マンセー!!!


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 21:36:27 ID:LYPLnmUM
>>224
ニコニコユーザーの中に、あんたも含めて、気持ち悪いほど知能の低いユーザーが一部居るのは紛れも無い事実じゃん。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 21:45:56 ID:wnLP3TC2
2chは板ごとに明確に分かれてるから興味ある奴しか来ないがニコニコはそうなってないからな(タグはあるけど)
2chで言うならたまに立つVIPの軍事関係のスレが似てるかも

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 21:47:59 ID:ZFOIqmGk
>>223
短文しか書けないから。
議論じゃなくて、感情をぶつけるだけになる。



228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 22:34:58 ID:LYPLnmUM
>>227
短文でも、知能が高い人と低い人でコメント内容が全然違うんだが。

短文しか書けないは言い訳。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 02:36:29 ID:hS0cz9eA
>>223
運営は、精神年齢が低い厨房や大人になっても知能が低い駄目なおっさんにもやさしいと言う運営方針だからね。
頭が悪い人を重視するサイト運営をする事はあっても、排除する事はありえないんじゃないの?

知的障害者が偉そうにできるのはニコニコ動画くらい。


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 03:25:42 ID:kxAhLc2X
見ててヤバいなあと思うのは、価格コムとヤフコメかな。
価格コムは基地外が超音波で罵り合ってるような感じがする。
ヤフコメは選挙終わった直後にはもう民主マンセーコメがごっそり居なくなってて笑った。

ニコニコは短文だから全部ネタに見える。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 06:15:49 ID:+twISjIQ
質問どころかもはや板との関連すらない雑談スレ化w
 
キチ占拠のロシアスレばっかだからこれでも良い気はするがな。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 08:09:06 ID:5pa0qZLV
>>228
国会議員のヤジのレベルが低いのと同じ。
専門分野を長々と語らせたら、それなりにまともかもな。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 08:18:26 ID:5pa0qZLV
>>230
ヤフーの事件コメントも酷い状態。

最近、伊藤博文暗殺の安重根が話題になってたが、
「朝鮮併合は馬鹿な安重根のせいだ」
みたいな感情的な的はずれ文には、”そう思う”が多数付いて目に付くが、

「日本は事件前から併合方針を決定してた」
「伊藤も併合反対派から、併合容認派に変わってた」
などの冷静な事実指摘は、殆ど無視され、目に付かなくなる。

ネットこそ真実だ、とか意見も多いけど、
感情をぶつけてるだけで、学術的には低劣な例が目立ちすぎる。


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 12:45:42 ID:iyIfO5Gj
>>232
ニコ厨なんて、平気で嘘や間違いをキリッとコメントするレベルだぞ。
語れる専門分野なんてないし、あっても池沼のお経の様なものにしかならない。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 14:20:29 ID:I/mGlelM
教えてください。
昔20年ぐらい前に落合信彦がテレビで
アメリカが第2次大戦後共産圏の侵入を阻止する
ボーダーラインを世界地図上に引っ張って
その中で日本は青森と北海道の間に線がひかれて
北海道はもうソ連にとられるもんだとあきらめていたといってたんですが
この、ボーダーラインのことをマージナルなんとかラインっていってたんですが
何とかのとこが思い出せません。どなたかわかりませんか?

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 21:52:24 ID:8eLWCsIh
普通にマージナルバトルラインのことじゃないのか?
軍事境界線だよ。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 01:49:35 ID:9hZpXJfQ
おすすめの軍事本を教えてください,てのはこのスレでいいんでしょうか?
兵器とかそれの技術者とかの工学関連の本が読みたい

「戦争における人殺しの心理学」おもしろいです

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 02:20:49 ID:jJyg/3M9
>>237
>兵器とかそれの技術者とかの工学関連の本
とか言われても範囲が広すぎて困る
例えば自衛隊の装甲車輌に興味あるなら「戦後日本の戦車開発史」(林磐男 光人社NF文庫)を薦めるとか言えるけど(あくまで一例)

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 02:28:39 ID:A6290fDu
F-2Aは全部で62機生産されましたが、
これから飛行隊配備の54機と整備教材用の1機を引くと、
F-2Aの在場/減耗予備機は7機になりますか?

何故、F-2Aの在場/減耗予備機は7機なんでしょうか?


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 02:30:08 ID:A6290fDu
航空自衛隊の戦闘機一個飛行隊は、
飛行隊定数の20機のうち、18機を単座型のF-15JやF-2Aとし、
2機複座型のF-15DJやF-2Bを配備するそうですが、
何のために訓練複座型を配備するんですか?

20機全機単座型にするとどうなりますか?
(単座型しか配備しないとどうなりますか?)


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 12:13:44 ID:P2seBl2r
そりゃあ、教官や先輩パイロットが配属されてきた新人を指導するためだよ。
数秒単位で動きを合わせなきゃいけないから、ベテランでも別の飛行隊になじむまでは訓練が要る。
事故=国家的レベルの損失だからな。
配属されないとぶっつけで新人が編隊飛行とかやらなきゃいけないことになるから、全体のロスも大きいだろう。



242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 19:54:18 ID:A6290fDu
>>241
2機のF-2Bは訓練用なんですね。

実際に戦うのは、16機のF-2Aだけですか?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 22:06:01 ID:9hZpXJfQ
>>238
それはそうですね
では,航空機関係でお願いします

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 23:12:57 ID:5pUZmTxp
>>242
戦闘機自体必要ない

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 00:38:09 ID:te7T/JuL
米軍機ウザイ!
俺の家の上空を侵犯したら撃墜してやる!


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 01:06:56 ID:sUDAKTXL
>>242
そうです。

20機全て出撃するのは余程の緊急事態のみ。

>>245
できるんですか?あなたがーw

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 01:54:48 ID:q9K8i/zZ
寄生虫みたいに泣きかぶってるだけのおまえなんかよりゃよっぽどましだけどなー
こいやーーーーーッカルトだろうがなんだろうがなんでもこいやーーーーー!

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 02:00:36 ID:q9K8i/zZ
金閣寺もしらんような連中が靖国だの大日本帝国だの語るなんぞ
反吐がでるね

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 17:42:42 ID:jgu2aQIb
何故米帝は、中華人民共和国による台湾侵略には難色を示すのに、
中華民国による台湾侵略は容認するどころか後押しさえしたんですか?

このようなダブルスタンダードが許されていいのでしょうか?

また、台湾人は、台湾を侵略した中華民国とその侵略を後押しした米帝にいつ復讐するんですか?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/27(木) 01:00:45 ID:NLp1OFzv
>>249
当時のアメリカ人は、蒋介石の嘘に騙され、
台湾は中華民国固有の領土で、台湾人も支那人も同じ民族だと考えていたから。

中華人民共和国の台湾侵略に難色を示すのは、台湾が共産化するのが嫌だから。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/28(金) 18:35:18 ID:CoAdlc1w
>250
ネタ回答は余所でやれ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/30(日) 17:54:28 ID:0szvp5FK
嶋中事件で犯人の動機についておしえてください

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/30(日) 19:56:56 ID:t7P3W6si
>>252
板違い。
国防、軍事と無関係なので、日本近代史板で聞け。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/31(月) 16:55:39 ID:FY6h4Uvc
>>251
>>250は正しいぞ。

それでも>>250が間違いだと思うなら、あなたが思う正しい説をソースと併せてここに示したらどう?

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/01(火) 06:46:48 ID:jh2VD1b+
>>254
それを証明する手段はあるんですか?w

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/02(水) 18:16:55 ID:63Mricl4
これはなんですか?

仁義なきキンタマ ウイルス情報 Part90
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/download/1268465080/794
>794 :[名無し]さん(bin+cue).rar :2010/06/02(水) 09:00:06 ID:/fdz3jeI0
>ttp://img.5pb.org/s/10mai451455.png




257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/02(水) 22:54:11 ID:vIwJGMY6
AWGSの様な装甲戦闘脚はいつ開発されるんですか?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/02(水) 23:02:12 ID:y431bdui
>>257
人間より小さいサイズの戦闘ロボットなら車輪や履帯よりも多脚歩行が適してるだろうからそのうちできるかもね
尤もその場合でも二足歩行じゃなくて6本や8本足になるだろうけど

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/03(木) 10:02:36 ID:Xcf+Ek5W
>>256
川崎重工業に問い合わせてみては?
あと防衛省にも

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/03(木) 23:34:58 ID:dzpK4qGZ
ティーゲルとストゥームパンターとでは、どちらがより実用的ですか?

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/04(金) 00:16:16 ID:Mc6uWCf0
ヤークトパンターは知ってるけどシュトルムパンターってあったっけ?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/04(金) 00:19:46 ID:Mc6uWCf0
って探したらあったわ
歩兵支援用車輌としては有力だろうが貴重な新鋭中戦車を流用してまで作るものでもないだろう
ティーガーもIIの方は重すぎて運用負荷が非現実的だったけどIの方は普通に活躍してるし

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/04(金) 11:02:00 ID:i+N4LaLY
ガングリフォンの話だろ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/04(金) 11:32:32 ID:MVfGqUgh
イギリスではステルス戦車の試験運用が始まっているそうですが
日本そのには計画はないんですか

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/04(金) 22:22:26 ID:XKsqVEhT
>>260
二足歩行兵器よりは、四足歩行兵器の方がマシ。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/04(金) 23:04:34 ID:CQ7OGP03
>>264
日本でテロするような連中が重火器を持ち出してくるようだったらありだろうけど、
日本でスティンガーぶっぱなすような物騒な工作員は居ないので、まだ先だろう。



267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/04(金) 23:06:37 ID:Mc6uWCf0
>>264
TK-Xは低シグネチャー化されてるらしい

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/04(金) 23:26:06 ID:Ti8OskD6
ケーニヒスティーゲルとヤークトティーゲルが撃ち合いしたらどっちが有利でしょうか?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/05(土) 19:13:45 ID:MqOc9vcW
何故、軍事板の方はいつも精神障害者に粘着され荒らされてるんですか?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 04:25:19 ID:xJAokVMu
>>204-207とだいたい同じような理由だと思うが

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 10:55:40 ID:VSr1D4Yl
>>269
もともと軍事板のキチガイや、中韓大好きっ子を隔離するためにこの板が生まれた。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 11:30:56 ID:KPofu++6
ところがキチガイや中韓大好きっ子はIDのでない軍板に居座った。と

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 23:00:51 ID:JnK5Ulse
>>269
障害者にも分かりやすいカテゴリだから

>>271
だが今は、軍事板の質問スレの方が荒れていると言う皮肉w

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/07(月) 04:44:22 ID:7pWHcy8+
>>272
軍事板を荒らすなよ

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/07(月) 05:46:02 ID:bIb80Rb9
荒らしてるのは>>269だろ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/07(月) 15:52:52 ID:t7W++nSR
>>275
ここに他所の論争を持ち込まないでください。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/07(月) 23:33:57 ID:WAPuRzr4
偵察ヘリコプターと哨戒ヘリコプターと観測ヘリコプターと警戒ヘリコプターと監視ヘリコプターってどう違うのさ?


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/08(火) 00:01:05 ID:stns6uFo
何故ロシアはNPTを批准しているのにアメリカや中国は批准していないんですか?
これが逆ならば納得がいくのですが

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/08(火) 20:08:34 ID:A/on0/yG
日本と中国が戦争になる条件を教えてください

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/08(火) 22:15:21 ID:wuwNLFj6
宣戦布告すればいい

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/08(火) 23:21:07 ID:A/on0/yG
>>280
そういうことじゃなくて、なんというか、
こんな感じ。

把美?从日本ー走 日本必将?充?事成??事?国 我?同日本有?土之争
?史?? 日本乃我?最大之威? 美国意在遏制 而日本和我?若不能解决 ?必会有一?
(もしアメリカが日本から出て行ったら、日本は軍事の増強を図って軍事大国になってしまう。
しかも、日中間には領土や歴史の問題があり、日本は中国にとって最大の脅威でもある。
アメリカはそれを抑制する役目を果たしている。
もし、日本と中国の間で問題が解決できなかったら戦争に発展することになるんだぞ。)


282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/08(火) 23:47:16 ID:gpzuxQl4
一番ありそうなのはこんなん

中国が台湾の武力併合を目指して台湾に侵攻

アメリカ、これを阻止するために介入

日本はこれを支持し、基地の使用や後方支援等で協力

中国、アメリカの介入を妨害するために在日米軍基地を攻撃

めでたく日本と中国が戦争に

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 01:23:34 ID:NmdLXXKL
>>279
戦争ってのは政治家だけじゃ起こせない。
国民が起こすんだ。

国民があの国憎しって感情を爆発させて初めて、政治家は開戦ってカードを切れる。

で、その国民を煽るのは、マスコミの仕事だ。
日本の場合、マスコミが親中であれば、戦争はおきんだろう。


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 01:48:45 ID:lcobxT4a
>>278
NPTは、常任理事国5カ国はすべて批准、署名してるけど。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 01:58:38 ID:u3VhcJCD
>>283
支那マスゴミが対日開戦を煽ったり、中国国民世論が対日開戦に傾いたら、
日本からは止めようがないぞ。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 19:19:46 ID:NonP5zog
>>285
その時は日本が教育してやればいいんじゃね?
日清戦争の二の舞になるわけだし

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/09(水) 22:12:18 ID:u3VhcJCD
>>286
三大都市圏や軍事施設、原発に核ミサイルを撃ち込まれて日本は終わる。
中国は核保有国だぞ。
日清戦争の再現は無理。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/10(木) 15:09:14 ID:wU9d0zJF
中国が核ミサイルを使用したら、中国に核ミサイルが撃ち込まれる可能性もあるわけだが。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/11(金) 02:35:48 ID:AN86Tcp+
昔の第四世代戦闘機はF-14、F-15、Su-27など、
かなり大きな機体だったのですが、
最近の第四世代戦闘機は、タイフーン、ラファールなど、
昔と比べてかなり小型化されてますよね。

これは技術革新によって、タイフーンやラファールなどの小さなサイズでも、
F-15やSu-27と同等の戦闘能力や攻撃力、電子戦能力を確保できるようになったと言う事でしょうか?


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 10:02:18 ID:D/X8FA5/
>>287
そんな中学生的思考まだ持ってんのかw
いや、もう小学生以下だな。


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 10:50:57 ID:XdyLl7Ty
>>289
君の分類はちょっと変だ。
戦闘機の世代について異論もあって突っ込まれると面倒だから
とりあえず先進国の現用戦闘機やその近辺を大きく二つに分けると
・F-15やSu-27系の「ぼくのかんがえた最強戦闘機。ただし値段も最強」系
・F-16やMig-29系の「良好なコストパフォーマンス。最強じゃないけどお買得」系
 (ただしSu-27とMig-29の関係は厳密にいえばちょい違う)
の二つに分けられる。

前者は太いノーズコーンに納められた高性能レーダーや
大きな搭載量に航続距離、強力な機動を実現するエンジン出力が要求され、
必然的に機体規模は巨大化した。

後者は良好な整備性と運用面での柔軟性、そしてコストパフォーマンスを追求したため
整備性の低下やコスト沸騰の大きな要因になる機体規模は小さくおさめられる事になった。

じゃあ欧州機について見てみると、そもそもEU諸国には
米ソ並にぶっとんだ予算も技術もはじめからなかったんだよね。
それに米軍の後ろ楯もあるし、そもそも地理的に拠点と前線が近い事が想定される上
日本の様に広大な海域も抱えてないっつーか普通に陸続きなんで長い足も必要ない。
その状況であえて金のかかる巨大戦闘機を開発するメリットもなく、
お財布と相談した結果があんな感じ。

性能的には同年代のF-15やSu-27と1 on 1でガチンコ(データリンクなしの純粋な決闘を想定)すれば
欧州機が不利だといわれている。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 11:28:36 ID:mQDeET/b
>>291
タイフーンはF-15よりガチンコ(データリンクなしの純粋な決闘を想定)は
有利と言われてるが

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 14:04:59 ID:cTzkdyQY
一口にF-15つってもPreMSIPから形態二型まであってキルレシオも相当違うと思うが

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 19:39:20 ID:IdtgEjmh
>>293
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:BVR_combat_rating_against_Upgraded_Su-27_Flanker_(Core).PNG

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 20:03:45 ID:cTzkdyQY
その表は知っとるがタイフーンの販促用の表だ
F-15CとひとくくりにされてるがF-15Eより性能低いところ見るとPreMSIPのようだし、F-15Eにしたって空戦能力は無印APG-63と同等のAPG-70だから改修型によってはそれより高性能だ

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 21:40:46 ID:0ykstSW3
>改修型によってはそれより高性能だ
それはタイフーンも同じだろ

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 21:54:31 ID:cTzkdyQY
F-15PreMSIPと形態二型じゃ30年くらい時期が違うがタイフーンは新しいからブロックでそこまで大きな空戦能力の差は無い
ブロック別の違いは対地攻撃能力がメインでAAMとレーダーはトランシェ2まで共通だし

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 21:56:10 ID:0ykstSW3
>>297
根拠は?

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 22:18:45 ID:cTzkdyQY
>>298
搭載レーダーがAESA化されるのはトランシェ3から(まだ生産始まってない)
現在搭載されてるAMRAAMはタイフーンの生産開始前からあってミーティアはまだなので中射程AAMも一緒

そもそもF-15が長く使われすぎてるんだ
例えば一口にパットンといってもM46とM60A3じゃ性能が全然違うのと同じようなもん

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 22:28:30 ID:xih4BYKd
タイフーンは駄目な子

小さすぎて拡張性が低い

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/13(日) 02:17:53 ID:pDRArOP9
ユーロファイター・タイフーン導入の最大の利点はそのエンジンにあります。
アフターバーナーなしでも超音速巡航が可能なそのエンジン。これはF-22とタイフーンだけです。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/13(日) 02:25:15 ID:lqigtzRw
EJ200は、F110よりも出力が低いぞ

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/13(日) 02:41:46 ID:rCSV+ojc
次期F-Xの話題をこれ以上続けるならよそでやってくれ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/14(月) 20:16:37 ID:qBcEQoQw
対艦ミサイルを運用できるヘリコプターを教えてください。

またヘリの対艦ミサイルは、攻撃機の対艦ミサイルと比べてどれくらいの火力ですか?

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/15(火) 02:03:38 ID:9WtWRdq/
>>304
SH−60とかが運用できるよ、
ヘリ搭載の対艦ミサイルとして有名なのは、ペンギン、ヘルファイヤーがある。
それぞれぐぐれば簡単にスペックはでるので割愛。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/15(火) 16:20:13 ID:WlIHpURT
何で戦車の定数が1200輌から半分の600輌に削減されたんですか?
たったの600輌では、日本を防衛するのが難しいと思うのですが。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/15(火) 17:16:37 ID:8XKshD0S
>>306
戦車・火砲600門/輌という数字は、「犠牲はたくさん出るが日本をなんとか守れなくも無い水準」
財政状況は厳しいし戦争の可能性も以前よりは減ったので安全性を犠牲にした形

これが500割ると本当に国防放棄の域だな

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/15(火) 18:05:03 ID:2M4PD+vf
>>306
量より質です

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/15(火) 18:16:19 ID:WlIHpURT
>>307
無駄遣いはそのままに、国家・国民の生命・財産への保険を真っ先に削減?

>>308
周辺諸国が質的に向上しており、日本との相対的な差は縮まっていますが。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/15(火) 20:40:18 ID:8XKshD0S
>無駄遣いはそのままに、国家・国民の生命・財産への保険を真っ先に削減?
他もあんま減らす余地も無いと思うが・・・
尤も子供手当てや高校無償化等の新規の巨大な支出を作ってるあたりどうかとは思うが

>周辺諸国が質的に向上しており、日本との相対的な差は縮まっていますが
日本の戦車技術も順調に向上してて、周辺国はまだまだ追いつけない
10式どころか90式と同等の戦車もまだ作れないんだから
でもどんな優れた兵器でも同時に2ヶ所に存在することは出来ないわけで、質が優れていても国土面積に対しある程度の量が必要なのに変わりは無いが

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/15(火) 20:51:05 ID:WlIHpURT
>>310
外国への経済支援(特に中国韓国アフガニスタン)とか、
在日外国人への生活保護給付が最大の無駄遣いだろ。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/16(水) 23:40:27 ID:E8AiHDsX
何で事業仕分け人は軍事や科学の知識が無いのに偉そうなんですか?

私はあんなゴミクズに軍事や科学の事業仕分けを頼んだ覚えはありませんよ。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 08:10:30 ID:Eapwlikl
無知って言うより、軍事イラネ科学イラネ日本人イラネって連中が仕分けしてんだから
ある意味当然だろ。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 16:15:17 ID:Ej8x2sjZ
>>312
着々と無駄の削減が進んでいます。
自民党時代は族議員に阻まれまったく進まなかった改革が進んでいる。
政権交代の意義は大きい。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 21:22:11 ID:w2FNftJp
>>312
あなたの様な日本人が嫌いな政治家が仕分けをしています。

>>314
その代わり日本池沼党の連中が、中国の黄砂対策に一兆数千億円、
汚職が蔓延するアフガニスタンに五千億円、子供手当て、
外国人学校授業料無償化などの無駄遣いをして、
国民の血税を溝に捨ててるんだけどね。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 23:53:13 ID:akMw5M3P
10TKは、陸軍よりも海兵隊向きの戦車だよね。

小型軽量だし、小型軽量なのに大型戦車と互角以上に渡り合える戦闘能力を持つし、
平原、湿地帯、田園地帯、山岳地帯、都市部などあらゆる戦場に対応できるし。

米海兵隊も、M1よりも10TKが欲しいかも。

米海兵隊は、10TKを欲しがってますか?

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 23:59:09 ID:/bt7AVk6
>>316
10TKは攻防力の高さに比し非常に軽量なのが特長だが、その代わりに整備負荷の高さと長期行動性の低さという問題がある
つまり外征にはまるで不向き

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 01:28:07 ID:lIsCY6af
>>317
10式はただの決戦戦車かよ・・・

将来の防衛方針の変更に備えて、
大陸打通作戦もできるような仕様で開発しとけよ。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 03:06:39 ID:W+DiNrK4
日本の地勢じゃどうせ長期戦にならんしそれでいいんだ
大陸打通作戦?支那が発展途上国以外の何者でもない時代は20世紀で終わったんだ

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 18:18:33 ID:zuxxUsxv
>>315
経済的・軍事的な影響を考えれば、関係を絶つわけにはいかないのだから。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 20:03:29 ID:c2TCDZcC
ロシア系言語では、日本の事をЯпон(ヤポン)、
つまり、弥本と呼びますが、
もしも仮に日本列島の覇権を弥生人ではなく縄文人が取っていたら、
日本は、弥本ではなく、縄本と呼ばれていたのでしょうか?


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 20:52:43 ID:JYgQJT6a
>>318
10式はM1A2・レオパルド2A6相手に一方的に勝てる戦車です。
何か不満でも?

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 21:00:27 ID:F+r4EI5H
一方的に勝てると言い切るにはデータ少ないだろ・・・
既存のどのMBTよりも攻防力で勝るのは間違いなさそうだが

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 21:09:02 ID:c2TCDZcC
>>322
本土決戦では高性能でも、侵攻作戦や着上陸侵攻、大陸打通作戦に使えない戦車なんか意味ないじゃん。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 21:12:08 ID:F+r4EI5H
本土防衛で考えられる着上陸侵攻ミッション(転地とか離島奪還とか)なら長期行動性は大して問題にならん

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/21(月) 18:18:59 ID:/nFjzS1s
中国の戦車は30年、韓国の戦車は20年、
日本と比べて遅れているんですか?

でも、圧倒的な数で攻めてこられたら、
質や性能で勝る日本の戦車もヤバイのでは?

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/21(月) 20:26:01 ID:1Q8nbRqX
>>323
サヨクの方ですか?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 01:22:00 ID:PVCtuC4Y
>>322
陸自の持ってるM1A1にたいしては、10式は単独で勝てるぞ。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 01:43:09 ID:vJGqUvwc
高句麗人は、女真族=満洲族のですか?
なら何故清国は、旧高句麗領を奪還する為に派兵しなかったんですか?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 09:49:38 ID:SiOzyOOe
>>328
いつ陸自がM1エイブラムスを装備したんだ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/23(水) 00:05:32 ID:NusV9A8G
>>330
陸自が持ってるM1A1は、リアカーのことだが。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/23(水) 20:35:33 ID:y4/+vIU5
アメリカの次期戦車はいつになりますか?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/23(水) 20:48:52 ID:TdbdS8TQ
>>326
中韓の戦車が2,30年遅れてようが1億年遅れてようが、
日本の海防網を突破して圧倒的な数が攻め込んでくるような事態になったら日本の戦車がどんなに優れていようが、
日本は終わりなので安心していい。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/23(水) 23:28:30 ID:fVTaOzOQ
>>333
>>322


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/24(木) 08:01:15 ID:UJXezUQn
>>334
馬鹿?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/24(木) 16:22:43 ID:aXxQZ012
何で日本は無人砲塔の戦車を開発しないんですか?

第四世代戦車を開発せず、第3.5世代の10式戦車でお茶を濁すのは嫌です。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/24(木) 22:27:20 ID:Dd4ALdnH
>>334
>>322

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/25(金) 20:57:15 ID:yUGH2pfL
>>336
戦後第四世代の戦車の展望というものを人類は未だ手に入れていない。
空想程度の提案ならいくつもあるが、主力戦車として世代交代といえるほどのものは
レールガンやレーザーガン等の次世代砲や次世代装甲などの
画期的な技術革新が必要になるというのが一般的な説。
その状況で新しく戦車を開発する国がとれる道は
・西側第三世代に追い付き追いこせ派
・西側第三世代を極めようぜ派
の二つしかなく、ロシア中国インド韓国などは前者、日本は後者となっている。
ちなみに無人砲塔の戦車はロシアが伝統的に興味を示しているが、
西側諸国はあまり乗り気ではなく、主力戦車というより軽戦車や偵察車両向けの
設計と見られている。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/25(金) 21:11:08 ID:QHFC0nvH
>>338
10式は第四世代戦車が登場しようが一方的に勝てる戦車です。
何か不満でも?

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 20:33:59 ID:jMuhxITC
>>336
つ予算

>>338
>レールガンやレーザーガン等の次世代砲や次世代装甲

それは第五世代戦車じゃん

>>339
スポーツじゃないんだから、ただ敵に勝てると言うだけでは駄目だろ。
整備性とか、運用性とか、展開能力とか、行動能力とか、ランニングコストとか。

ティーゲルは地上最強の戦車だったが、シャーマンに負けた。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/27(日) 11:33:36 ID:XSizrGdO
>>340
>ティーゲルは地上最強の戦車だったが、シャーマンに負けた。
ティーガーIIのほうが強いだろ

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/27(日) 12:35:39 ID:UImRF8v+
部隊レベル、または国レベルでは負けてる
虎1輌に対しシャーマンが4、5輌で当たれば1輌程度の損害で問題なく撃破できるので
んでシャーマンはそれが可能なだけの生産性や信頼性があった

てか虎の損失理由で一番大きいのは故障して放棄だったような気がする
攻防力では勝ってても戦闘としては負けだ、戦術目的を果たせなかったんだから

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/27(日) 18:14:01 ID:AcFYUKm2
>>342
ガス欠放棄の方が多くなかったか?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/27(日) 18:59:37 ID:V+5dZQ98
要するに、最強の○○なんて
アニメやマンガの兵器だけでしか意味ない、ってことさ

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/27(日) 20:01:31 ID:UImRF8v+
>>343
そうかもしんない

>>344
海の大和も、砲戦じゃ間違いなく最強だが故障はともかく燃料足らんのはティーガーと同じだし数倍の数のサウスダコタ級・アイオワ級と戦ったら負けるだろうな

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/28(月) 18:33:15 ID:SuHzQAdv
何故日本の軍事政策は、他の国に比べて異常なのでしょうか?

敵地攻撃能力が無いのは異常です。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/28(月) 20:12:22 ID:1R67dttj
>>346
その分、大量のイーグルやP-3C保有は他国からみたら異常なレベルぐらい
保有できたでしょ

専守防衛ってやつさ

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/28(月) 21:20:20 ID:98wGlEzU
>>347
大量のイーグル?
アメリカより少ないだろ

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/28(月) 21:57:28 ID:7Ln8w06y
敵策源地を攻撃したり、海兵隊や陸軍を送り込んだ方が、
本土決戦&敵地攻撃不可能縛りよりも低コストで戦争を遂行できるんだけどな。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/29(火) 02:26:56 ID:QPWh76v7
今どき艦対地巡航ミサイルを保有していない海軍なんて海自ぐらいなもんだし、
空対地巡航ミサイルやレーザー誘導爆弾を保有していない空軍も空自ぐらいなもん。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/29(火) 03:04:55 ID:sS1V6Ygi
>>348
日本の狭い国土でアメリカよりイーグル持ってたら変だろw

まぁ海域が世界有数の広さだから、潜水艦やら機動性・航続距離の高い航空機や航空部隊(軽空母+艦載機など)くらいは欲しい気もするが。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/29(火) 03:06:32 ID:EyxyA4wj
どこの平行世界の話だよ……艦対地巡航ミサイルは極めて珍しい
現役ではトマホークとクラブぐらいしかねーぞ
(開発中〜最近配備開始を加えれば、もうちょっと増えるが)

>>346
爆弾落として帰ってくる、程度の能力が必要なかっただけ
冷戦期の想定では空自も海自も着上陸対処で手一杯
現代だと敵地攻撃の需要がない、ないしは割に合わない

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/30(水) 19:27:55 ID:Cx1Li0ab
こんなんだから、北方領土も竹島も奪還できないし、
東支那海での盗掘を許すのだ。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/30(水) 21:38:09 ID:3DIbrOzK
ああ、わかったから、ぼくのかんがえたさいきょうのぐんたい
が出来たら呼んでくれ。
オマエの金で作れるなら、文句はいわんよ。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/30(水) 22:29:50 ID:r/43Am/Q
国際人道法の原則は、全ての状況において、核兵器の威嚇や使用に適用することは難しく、極端な例を考えた場合、 核兵器を利用したほうが被害が少なくなる場合もあると聞きました。
これに対し、核兵器保有の反対的な立場から反論したいのですが、どのような反論が考えられますか?
どなたか教えてください。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/01(木) 08:13:31 ID:1mm4wIEJ
>>355
オマイは根本的な姿勢が間違っている

最初から、自分の結論を持ってるのに質問してくるな

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/01(木) 19:08:11 ID:2fNLQUBn
機甲師団が装軌式車両を中心に配備し、
普通師団(歩兵師団)が装輪式車両を中心に配備するんですね。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/01(木) 21:11:23 ID:3ICrCQ98
>>357
質問なの?
一応答えとくと
・機甲師団 戦車部隊(装軌)+歩兵部隊(自動車化or機械化)
・歩兵師団 歩兵部隊(徒歩or自動車化or機械化)
が大まかな概念。
で、徒歩はいいとして自動車化ってのはトラックや軍用自動車など
無装甲かもしくはそれに近い軽装甲に搭乗する歩兵。
それら車両のほとんどが装輪だが、半装軌や装軌の車両も存在した。
一方機械化は最低限小銃弾に耐える程度から戦車に準じるぐらいの装甲が
施された車両に搭乗しているもの。
こちらは装輪も装軌も存在するが数的には装輪メイン。
ただし重装甲になるほど装軌の傾向ある。
最後になるが充足率という概念があり、時代や国によっては
トラック一台を中隊で共有とか車両が配備されない自動車化部隊とか
存在するので注意。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 01:33:05 ID:ihaskPR4
アメリカの歩兵師団が、他国の戦車師団並みに戦車や歩兵戦闘車を配備しているのは何故ですか?

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 23:20:23 ID:A3dT06uW
>>359
実質、重編成の機甲師団だから。
フル編成の歩兵師団なら、自衛隊の北部方面隊に匹敵する戦力持ってるぞ。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 23:16:02 ID:J95wOWO4
何故日本は、戦車や装甲戦闘車両の保有数が隣国に比べて少ないんですか?

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 01:26:05 ID:yTn61fuM
隣国が韓国の事を言ってるなら、あそこは陸上戦力の質はともかく量が世界有数の北朝鮮と接してるから、自ずから陸戦部隊の質・量ともに上がる。

日本の場合、戦車部隊はせいぜいテロ部隊を鎮圧する程度で良いから陸上戦力はそんなにいらん。

敵国の戦車部隊が大挙して上陸するくらい制海権を奪われていたら、日本に高性能な戦車部隊があろうが無かろうが、
食料自給率の低い日本は自然と立ち枯れていくだけなので安心していい。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 09:50:49 ID:O9Da7KBE
>>361
>>362はデタラメなので信じないように。
日本の戦車数制限は政治的・予算的要因によるもので軍事的要因ではありません。
国防より諸外国への配慮や予算の節約を優先するべきだと
日本の有権者が判断を下しただけの話です。

純軍事的にいえば総数600という枠組みは非常に少ない上に、
将来装甲車である機動戦闘車も含められる可能性があるため、
日本の機甲戦力は大きな危機を迎えてるという事ができるでしょう。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 10:43:14 ID:ntEpCFVg
日米安保が東南アジアや中東までの安全保障を担っている以上、
有権者にはそれ相応の負うべき軍事的責任があるはずなんだがねえ

日本の平和主義・軍事無知で他国の国民を危険に晒してどうするのかと

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 10:51:20 ID:Dwej01Wr
>>364
そういう事実は知らされてないし、知ろうともしてないし…
下手にそんな話すれば、右翼だ軍靴だふんだらら〜きついよね。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 18:11:32 ID:t7h/vQxR
将来の海外派兵や外交安全保障環境の変化に備えて、
外征師団向けに戦車の数を増やしてもいいと思うけどね。

10式のラインは今後20年続くだろうから、
新政府がなんとかしてくれるだろうけど。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 22:16:55 ID:h5O+qSyd
>>363
こいつ馬鹿だなー。
なんでこういうのがレスしてんだろ・・・

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 23:09:42 ID:VeWx3EEL
>>367
馬鹿だと指摘するなら、>>363のどこが間違っているのか指摘した上で、
>>361に対し正しい回答をどうぞ。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 07:48:37 ID:vpRESdyX
>>366
「新政府」か・・・
20年以内にできるだろうか

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 13:15:03 ID:dC5IgPJD
必見!
創価自民日本壊滅テロ組織の悪行を知って下さい。

永らくの自公連立政権で法律を改悪し、宗教無課税を悪用、
同和在日特権で陰で国から金を吸い上げまくり、金持ち日本を極貧日本に陥れた巨大な寄生虫。

たった一年足らずの民主政権の揚げ足取りは凄まじい。
あらゆる情報網に創価自民会員を配置して権力をダシして敵対者のケアレスミスを徹底的にあげつらって騒ぎ
自分達の犯している数え切れない凶悪犯罪は闇へと葬るか敵対者に罪を着せる。

外国人参政権は隠れ創価自民の小沢の民主破壊案。

口蹄疫は創価自民のバイオテロ。多額の保証金を国から奪い国債を激減し消費税upを工作。

民主政権支持率を激減させる計画。騙されないで下さい。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 23:00:37 ID:11UkQShb
何で最近の国会議員には軍事オンチの池沼が多いんですか?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 06:33:06 ID:Fz6DaQ1p
>>371
国民様が軍事アレルギー&関心がないから。
安全保障が選挙の争点とならないので政治家も勉強しない。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木) 18:37:43 ID:v1Qvck+b
>>372
僕はちゃんと関心があるし、軍事アレルギーなどと言う変な病気にはなってないですよ。

おかしいじゃないですか。

374 ::2010/07/09(金) 20:32:45 ID:qpjMjvXq
教育()の賜物

375 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 18:45:21 ID:WHm17O9y
質問です、さっき参議院選挙の投票に行き、
そこで、候補者の名前を投票用紙に記入した後、
自分が書いた候補者の名前が記入された投票用紙を撮影したら、
選挙の係の人に、「候補者の名前が書かれた投票用紙を撮影してはいけない。」と注意され、
撮影した画像をその場で削除しました。

候補者の名前を記入した投票用紙は、撮影・記録してはいけないんですか?

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/11(日) 23:48:50 ID:V9guACHi
軍事オタクはロリコンだから、児童ポルノ単純所持規制や青少年健全育成条例改正に反対ですか?

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 20:19:22 ID:6byyrZ4p
>>376
合理的に考えて、児童ポルノの単純所持規制は被害者の救済や犯罪防止に効果が無く、
むしろ冤罪や恣意的な司法判断、捜査権の乱用などの弊害が大きい。

よって、軍事オタクはそれらの法律には反対だと思います。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 03:00:12 ID:NbNXeUTa
最近日中韓米の間で強襲揚陸艦開発ブームですが、何故これらの国で強襲揚陸艦が求められるのでしょうか?



379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 15:37:19 ID:A6vVTS92
>>378
大規模な国家間の戦争が無くなってきて、この先当分その状況が続きそうだから。
現在の戦争はゲリラとの戦いだから、制圧部隊を移動させるヘリ母艦や揚陸艦が開発の主力になるのは自然な流れ。
北朝鮮の崩壊を見据えて配備してると考えていいだろうね。


380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 20:41:56 ID:F2kulrzE
制圧、警備、治安維持、テロ対策にはマンパワーが必要だから、
自衛隊員の定数を削減するのは不味いですか?

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 21:39:35 ID:KkYV3SN6
日本を乗っ取る為には、
1、日教組による自虐史観教育を進めて無気力な愚民を育て、間違った平和憲法を守らせる。
2、在日米軍基地問題を悪化させ日米安保を希薄化させ沖縄を孤立させ、中国人の移民を進める。
3、半島の工作員(ミンス党)によるばら撒き政策で国力を弱める。
4、闇法案3点セットで軍人を含む中国移民を国内に数百万人受け入れ参政権を与える。
5、マスコミも取り込んで国民に真実を伝えない。 諸外国に嘘の日本悪を刷り込む。
ここまで来れば日本は中国の日本省も同然で、やがて日本の各地で解放軍による虐殺が始まるだろう?
最近貴方の周りに中国人が増えてませんか? 恐ろしくて夜も眠れない。。。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 22:36:19 ID:A6vVTS92
>>380
自衛隊の定員については多岐にわたる要素が複雑にからんででいるから様々な意見もあるだろうが、
単純に質問の内容に答えれば答えは[NO]

ゲリラ戦は元々、自国以外に本拠地をもつ勢力が、他国のバックアップを受けて行なう。
イラクにおけるトルコやイラン、アフガンにおけるパキスタンのような関係。
このバックアップは国境を接していなければ意味が無く、日本のような島国では機能しない。
加えて日本は縦に長く幅が狭いために、戦術的に要所を分断すればゲリラ側はあっという間に崩壊する。

つまり日本におけるゲリラ活動は市井に紛れて単発に行なう事しか出来ず、
ある程度のインパクトは残せても継続した活動は不可能で、国家に対して対等に「戦争」はできない。
その制圧は自衛隊ではなく警察レベルで十分である。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/13(火) 22:47:55 ID:F2kulrzE
>>382
日本では革命を起こしたり、ゲリラ戦を行うのはほぼ不可能なんですね。

では、隣国のゲリラコマンドにはどう対処しますか?

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 01:10:54 ID:yp4/7+rz
>>383
北による日韓の拉致問題やチェチェン問題のモスクワの地下鉄テロのように
国家が本気で仕掛けてきたテロリズムは防げない。
アメリカですらその具体的な有効策を未だ見出せていない。

結局、政治でバランスを取るというのが最も効果的で現状唯一の方法だろう。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 01:13:20 ID:ZbglnI27
>>383
対ゲリラと同じ。警察でなんとかなる

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 19:43:43 ID:WMxnV9he
>>383
>>385は知ったかぶりだから信じるな。

少なくとも現在の日本がおかれてる状況下においては
ゲリラとゲリラコマンドは全く違うと考えた方がいい。
ゲリラコマンドは最低でもカービンかサブマシンガン、
順当に考えれば手榴弾や支援火器等を含む歩兵装備と
爆薬等特殊資材を保有していると考えなければならないため、
これらの発揮する火力は警察の対応能力を大きく超えることが
予想される。
つか、軍事的には日本の警察の戦力なんぞ一個歩兵小隊もあれば
警察署の一つも楽に潰せる程度でしなかなく、機動隊や特殊部隊ですら
軍組織に対抗する能力も想定も全くない。
つまり潜入したゲリコマに対処するためには日本の保有する軍事組織、
すなわち自衛隊による対処が唯一の現実的手法であると断じざるを得ない。
具体的手法としては戦車やヘリ、歩兵戦闘車等を要所に配置し圧力をかけつつ
普通科による炙りだしを行う必要があるが、現状の日本ではこれら作戦を
遂行するだけの戦力も計画も不十分であるどころか、
活動の前提となる有事法整備や国民の理解そのものが十分ではない。
結局のところ、非軍事的な政治的努力に頼らざるを得ないのが現状であると結論できる。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 19:53:51 ID:WMxnV9he
あー、ちなみに。
普通のゲリラ活動に最低限必要な三大要素ってのがあって、
・安全に引き隠れる広々とした聖域
・匿ったり具体的に支援してくれる民衆
・支援してくれる外国の存在
日本は地理的にも世論的にも暴力で秩序破壊なんて目指す奴には絶望的だよね。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 20:15:23 ID:J5Jp5gp7
>>386
一個歩兵小隊の人数と具体的な装備は?

>活動の前提となる有事法整備

議員が仕事しないのと、池沼議員や売国奴が議員が足を引っ張ってるからじゃん

>国民の理解そのものが十分ではない

理解が不十分と言うより、無知・無関心が原因だな
普通の国民はともかく、愚鈍な国民全員にまで対ゲリラコマンド有事法について理解させるのはほぼ不可能だから、
無理に理解を求める必要もないでしょ

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 23:24:35 ID:Jz199TDm
何故陸上自衛隊には、千島列島や樺太に侵攻し制圧する能力が無いんですか?

これだと、いつまで経ってもロシアが返還に応じないですよ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 23:27:53 ID:YAB6yLUG
>>389
順能力的には北方領土ぐらいは取り返せる
政府も国民もやる気が無いだけ

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 23:58:17 ID:Jz199TDm
>>390
そういった能力を持たせようとしないのは政府の怠慢です

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 02:04:42 ID:n7Izhp1d
>>391
わかってるなら質問するなよ。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 06:10:40 ID:Pfpi+7lv
なんで2chって韓国ネタとかだとレスが伸びるんですか?

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 18:20:12 ID:wWXPIjre
清谷氏は、何故斜め上の思想になったんですか?

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 00:29:48 ID:utwAQ9q4
>>393
韓国の事が大好きだから。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 09:01:34 ID:vPb2+P6g
>>394
本人に訊け

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 09:28:54 ID:QfDpTNDt
海上自衛隊のおおすみ型輸送艦は、空母的な見方を国内ではされて
マスコミなどを一時賑わさせたりしましたが、海外では「空母」って
いうより「強襲揚陸艦・揚陸艦」として見ていると聞きましたが、実質どうなんでしょうか?
国内の世論を考慮して輸送艦という名目にしてるだけで実質揚陸艦能力がある
と見るのが妥当でしょうか?

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 10:37:35 ID:aI8kM8ij
>>397
>空母的な見方を国内ではされて
全通甲板なら何でも空母に見える日本人・・・

>海外では「空母」っていうより「強襲揚陸艦・揚陸艦」として見ている
誰がどう見たって揚陸艦です
当然呼び方の配慮はあるでしょうが、旧軍のころも揚陸艦を輸送艦と呼んでいたそうなので
自衛隊用語とは一概に言えない

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 11:43:52 ID:vPb2+P6g
>>397

おおすみは大きさや装備、運用目的からしてからしてどうみても揚陸艦だが・・・・

もしかして「ひゅうが」と混同してないか

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 12:58:32 ID:rxVoQSGH
>>397
おおすみは強襲揚陸艦と言うには少し小さい
諸外国の分類ではドック型揚陸艦が一番近いのではないだろうか(その割に全通甲板だが)
見た目は強襲揚陸艦っぽくて、種別は輸送艦で、艦種記号は戦車揚陸艦で中身はドック型揚陸艦なので一般人にはわけわかめな装備なのは確かだが

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 14:58:46 ID:z+gXFtZm
>>397
・輸送艦 積載物を他所へ輸送する事が主任務の艦船
・揚陸艦 港湾設備の整っていない箇所に輸送するための艦船
・強襲揚陸艦 強襲揚陸作戦を(少なくとも)単艦で行える能力を持つ艦船

強襲揚陸作戦の肝になるのはヘリコプター運用能力で、
おおすみはこれを保有していないため強襲揚陸艦と呼ぶ事はできない。
(実はヘリの運用実績を持ってないわけではないんだが、
 あれは平時だからこそできる無理矢理な例外なので)
ここでいう運用能力で一番大切な要素はヘリの整備能力で、
韓国の独島艦は小規模とはいえ艦内にこれを保有するため
強襲揚陸艦に分類されている。
一方おおすみはヘリを搭載できても整備できない(やったが)ため
世界的基準ではLSD、ドック型揚陸艦に分類されている。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 19:58:41 ID:QfDpTNDt
なるほど
丁重な解説ありがとうでした。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 14:22:19 ID:HecFN+nQ
>>401
アメリカのドック型揚陸艦は、ヘリの運用能力を持っているのですが。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 15:14:23 ID:8QBXWrvP
ヘリの運用能力を持つことは強襲揚陸艦の必要条件ではあるがドック型揚陸艦にとっては必要条件ではないということでは

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 20:21:36 ID:iO5m95i3
>>403
米海軍の場合、オースチン級でCH-46を1機(露天係止で+5機)、
サン・アントニオ級はCH-46なら2機、MV-22なら1機を運用できる。
ホイッドビー・アイランド級にヘリコプター運用能力はない。
一方で強襲揚陸艦に分類される艦ではタワラでヘリ26機、
ワスプで30機を標準搭載する上に、それぞれV/STOL機も6〜8機搭載可能。
次世代のアメリカ級に至っては船尾のウェルドックを廃止する代償に
ヘリ30機・V/STOL23機とかもうね……。
つまりアメリカにとっちゃ「この程度じゃ強襲揚陸艦じゃない」ってことかと。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 20:58:07 ID:HecFN+nQ
アメリカはドッグ型揚陸艦を贅沢に運用できるから、
強襲揚陸艦にウェルドックは要らないんだな。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 21:16:04 ID:iO5m95i3
>>406
アメリカの場合、LHA/LHDを1隻にLPD/LSDを2〜3隻を中核として
戦闘艦や攻撃原潜などを加えたESGを作戦単位にしてるんだが
その中でLHA/LHDの役割は指揮&揚陸&エアカバーになる。
つまり補助的ながら空母の役割に近くなるわけで、
次世代の揚陸艦計画もその方向で進行してるという話。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 22:06:13 ID:HecFN+nQ
日本が、アメリカと同じ揚陸戦力を整備できるかな?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 23:01:26 ID:Qwc+99rw
そろそろ板違い。
まとめて軍板にいけよおまえら

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 14:16:15 ID:O4IDH1VY
>>409
別に板違いではないが。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 16:07:34 ID:KMVDe5Pw
元々この板は軍板から中韓大好きっ子・日本の軍拡軍縮大好きっ子・社会不適合者等を隔離するために作られた板なので、
板違いと言えば板違い。

このスレのレベルにふさわしい質問の例は下記の通り。

・なんで日本は核や攻撃機・空母を持たないのですか?現代東アジア情勢に対する対応が遅すぎませんか?
・もう国同士の争いなんか未来永劫起こらないんだから、イージス艦とか第5世代戦闘機とかいらないですよね?日本って馬鹿ですか?
・日本って古来の律令制度から幕府まで全て中国のパクリですよね?なんで日本人って大きな顔して中国をパクリ国家呼ばわりするんですか?
 確かにん本は律令制から宦官とかは輸入しなかったけど、中国の製品だって日本から部品を全て輸入とかしてませんよwww
・なんで韓国併合は正しかったとかいう日本人が多いんですか?国一つ頭から押えておいて正しいとか、日本人ってどんだけ頭が悪いんですか?
・なんで日本はパラオはじめ色々な国から慕われてる(キリッとか言うんですか?パラオの国旗が日本をまねたなんて、パラオ政府のサイトには一言もありませんが。
・つか中韓叩いてんのって結局童貞ニートのリストラ親父だろ。自分があまりにもダサいから日本人って事だけにプライド持とうとしてるんですよね?
でも技術力では韓国台湾にぼろ負け、新興産業の分野では欧米に抑えられ、アニメ(笑)コンテンツ(笑)産業だって中韓台製の方が面白い。
 スポーツも教育レベルも韓国以下。政府は無能無策。それを選ぶ国民はもっと無能無策。
 何で無職童貞ニートのネトウヨ達はこんなダサイ国の人間である事にプライドを見出そうとしてるスカwwwwwwwwwwwwwww??????

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 20:13:32 ID:iuiJLa8O
つか、常々疑問に思ってたんだがここと軍板の境界ってどの辺り?

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 20:34:45 ID:EMCjPvrn
国防政策・国家戦略などがこっちで
実際の装備・戦術・運用面とかは軍板かな
政治家と軍人の違いかしらね

とは言っても貼られる質問がさあ

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 23:44:06 ID:FF2pdRoy
特に政治的な話題も(積極的に)混ぜ込みたい場合は戦争板推奨
技術的な話題を中心にするのが軍板
もちろん重なる部分も結構ある

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 23:44:36 ID:B8vAjMbX
何故日本は、社会党や民主党などの売国政党が、
国の安全保障政策に口出しできるんですか?

国民の生命財産はどうなるんですか?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 20:22:30 ID:nRBJrJ4o
軍縮を主張する政党は、どんな目的があるんですか?

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/20(火) 23:58:59 ID:b+uHvwWO
ソウルにミサイルを撃ち込めば、韓国も竹島の不法占拠をやめるだろう

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 00:57:21 ID:ny0MaKDM
>>416
国の借金を減らすためとかじゃね?

あと英国エコノミストが見る日本の軍事力はかなり高い質・錬度、らしい。
http://www.visionofhumanity.org/gpi-data/#/2010/scor
の、2007〜2008のmilitary capabolity/sophisticatipnを見ると、
2007〜2009では全世界の中でhigh-classなのは日米イスラエルのみとなってる。
ちなみに2010年はハトポッポ政権により1段階下がった。

あくまでクオリティの指標であるが、あからさまに脅威として描いてるんだよなこのグラフ。
まあ参考程度にとどめるがよかろう。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 01:11:21 ID:gp+kkh/x
防衛大綱が改定され、陸上自衛隊の戦車の定数が、
従来の1200輌から、600輌に削減されました。

僅か600輌の戦車では、日本列島の長大な海岸線を防護するには数が足りず、
有事の際に敵軍の着上陸侵攻やゲリラコマンドへの初動対応が遅れ、
国内の人的、物的被害が大きくなると思います。

日本国民の生命財産を考え、戦車の定数は、従来の1200輌、少なくとも900輌に戻すべきだと思います。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 01:14:59 ID:gp+kkh/x
>>418
クリックしたら、何か国別治安ランキングが出てきたんですけど。

軍事力ランキングはどこ?

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 01:47:47 ID:ny0MaKDM
>>420
左のpeace indicatorをクリックすると項目が出るので、Military capabolity/sophisticatipnを選択。
詳細は右のpdfにある程度描かれてる。
高校程度の英語力があれば読めるはず。

が、これは飽くまで治安とか政治とかも含めたランキングなので、軍事に突出した話はあまり書かれていない。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 02:15:46 ID:gp+kkh/x
>>421
ありがとう。

何で中国が5/5じゃないんだろう?

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 08:27:29 ID:ny0MaKDM
飽くまで質と洗練さってことだろうなー。

でも日本の政治力高すぎるし、地球の裏側のステレオタイプな意見なのかもw

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 17:31:07 ID:gp+kkh/x
確かに、日本の政治力が過大評価されすぎてるな。

一部の優秀な官僚と一部の優秀な国民で持ってる国なのに。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 18:00:56 ID:GdW2+a2d
>>424
>一部の優秀な官僚と一部の優秀な国民で持ってる
それも含めた政治力だから。影響力であって、政治家力じゃない。

個人的には過大評価とは思わないけどな。過度の過小評価は疑問だよ。
逆に今の民主党のように、日本の巨大な影響力に無頓着で、好き勝手行動されたら
各国からしたらハタ迷惑極まりないと思う。

まぁそもそも国民が無頓着で無責任だからなんだけどね・・・

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 18:41:25 ID:gp+kkh/x
>>425
日本ってそんなに影響力があるの?
砲艦外交もできないし、竹島すら奪還できない小国だよ。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 01:58:06 ID:TL82BLSk
まぁそういう事をあえてする必要が無いともいえるな。
竹島みたいなカードは有事の際に持ってた方が何かと便利だし。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 19:08:42 ID:geW6uG+r
北朝鮮という共通の仮想敵国を抱えてるから今んとこ竹島問題はあまり強く追及しない方針だとも聞いたことあるが

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 19:36:26 ID:lOWqxYaK
日本よりも、領土や資源の問題で、
実は北朝鮮よりも韓国の方が脅威。

北朝鮮は、精々日本にミサイルを撃ち込んだりゲリコマを送り込んで暴れさせる程度だが、
韓国は北朝鮮以上に軍事力があるし、国際的な影響力も持っている。

日本が経済制裁をしたら、もしかすると日本の方が国際的に批難を浴びる恐れもある。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 19:43:05 ID:KvE5OEdG
>>428
日韓両国に言えることだが、
ここでナショナリズムを煽っても利益がない
だから事実上の棚上げ

例えば、竹島に油田が発見されたら
話が変わるかもしれんけどさw

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 20:28:14 ID:lhr0lUuy
よくネット書き込みには、韓国中国は世界中から嫌われている、日本は世界中から慕われているとかありますが、どのくらい信憑性があるのでしょうか?

嫌中韓サイトの胡散臭いテキストやダサイネトウヨの妄想ではなく、中立な立場で書かれた信憑性のあるソースがあれば教えてください。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 20:40:33 ID:lOWqxYaK
>>429
外交のセンスが無い奴ばかりが、
政治家や外務官僚になってしまう現実。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 21:21:55 ID:geW6uG+r
>>431
戦争板でする質問なのかという気もするが・・・

今の中韓や高度経済成長期以前の日本のように、海外で低賃金で働いたり低価格の製品を売る国は嫌われる
また、昨今は日本文化が欧米でも関心を持たれ理解されるようになってきてもいる
というわけで、中韓が嫌われてて日本が好かれているというのも全くの嘘というわけでもなくそういう面もあるのではないだろうか
とは言っても、ネトウヨの言うことが当てにならんのは確かだが

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/22(木) 21:36:12 ID:m0XIf634
>>431
何を以って中立と定義してるのか分からんが
判断できないのなら自分で海外行って確かめなさい
それに勝るソースはない

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 01:19:49 ID:faM52wTV
>>431
一応こういう資料もある。

英国BBC社調べ。
BBCってのは英国放送協会の事で、日本で言えばNHKにあたるところ。

世界の国々が、特定17カ国のうちの1国についてをどのようにみているかをまとめた資料。
世界にとってその国はプラスかマイナスかで判定している。

1)主要国に対する世界および日本人の評価
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8014.html
・プラス評価については、1位はドイツ。日本はEUと同率2位。韓国は12位、中国は8位。最下位は17位のイラン。
・マイナス評価については、1位はイラン。日本は14位。韓国は9位。中国は5位。

2)日本を世界はどう見ているか?/世界評価と自国評価の違い
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8016.html
・2ちゃんねらー間では親日国家と思われてきたトルコからは以外と厳しい評価(というかトルコは全てに厳しいw)
・韓国の日本に対する評価が何故か急上昇
・欧州の評価は他のアジアの国と比べると高い。しかもその中ではなぜかロシアが1位
・自国評価が他国評価を下回ったのは日本のみ。謙虚なのか、自信が無いのか…
・自国評価と他国評価の差が激しすぎるのがロシアと韓国。さすが期待を裏切らないw

3)中国を世界はどう見ているか?
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8190.html
・韓国は中国嫌いが多い。
・中国はヨーロッパの国々にとても嫌われている。

4)韓国・北朝鮮を世界はどうみているか?
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8905.html
・日本の韓国に対するマイナス評価がとても低い。
・韓国はドイツにとても嫌われている。
・北朝鮮は…まぁ予想通り。

まとめると、調査対象が17国ではあるが、世界からの日本の評価はおおむね高い。
韓国・中国は自国評価に反して、世界からの評価は厳しい。

けどまぁBBCの資料だから信憑性が高いのかと言えば、そうとは言い切れん。
戦時下のマスコミのように、マスコミってのは時流に合わせて平気で嘘をつくもんだし、英国の誇る大マスコミの資料より、
個人運営の嫌中韓サイトの胡散臭いテキストの方が真実って可能性もあるかもしれん。
自分にとっての耳心地の良い意見だけを集めてるんじゃ無ければ、清濁問わずいろんな情報を集めるのをお勧めするぜ。


436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 18:50:28 ID:4GRDPcW/
このテレビ番組のこのスレでの評価を教えてください

http://www.bsfuji.tv/primenews/

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 13:14:34 ID:y61dImQb
>>435
トルコは政治的には親欧米だけど、国民感情は逆だしね。
EUには入りたいのに入れてもらえない。キリスト教国への反発。
アメリカは嫌いだけど同盟国。ロシアが怖いので。でも反米映画大ヒット。
当然イスラエルも嫌いだけどなぜか同盟国。
イラクのクルド人、ギリシャとキプロス、アルメニアのいちゃも(ry

という感じで、他国に対して肯定的な見方ができなくなってるんじゃなかろうか。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 13:17:34 ID:O2zI8Byy
トルコは恐ろしい国だ

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 18:45:55 ID:MrvM0avs
元々トルコは中央アジア一帯を支配した一大帝国で、大航海時代のスペインポルトガルといった当時の一流国を震え上がらせた大強国だったからな。
宗教もイスラムだし、考え方も国としてのプライドも、現在の欧米中心キリスト教世界には相容れないものがあるんだろう。

その欧米に立ち向かってた頃(日露戦争〜太平洋戦争)の日本の事は、確かにトルコは好きだったかも知れんが、
欧米に取り込まれた(と思われている)今の日本が好きなトルコ人は確かに少ないかもしれん。



440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 23:25:03 ID:uE53DWIR
>>439
そもそも、何でトルコはヨーロッパの隣にあったのに、
近代化に大きく乗り遅れたの?

トルコ人は目の前にお手本があるのにあのザマだから、
無能としか思えない。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 23:40:43 ID:k5TWWjTS
イスラム文化が足を引っ張ったのか、露土戦争の敗戦が響いたのか

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 23:42:01 ID:uE53DWIR
日本やドイツは戦争で大負けしたけど、
ちゃんと先進国になってるじゃん。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 01:54:13 ID:g4ZDIIoH
>>440
イスラムやカトリックは宗教的制約が近代化を妨げた面が大きい
参考「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」
>>442
ドイツと日本は素養があった(戦前も先進国だったわけだし)のに加えて
冷戦とマーシャルプランに後押しされたおかげ

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 02:00:23 ID:UUHBqxgV
>>443
日本はプロテスタント以上に急速に近代化したけど、
日本にはどんな宗教や思想があって、
近代化を促進したの?

トルコは、戦争が終わって何年も経つのに、
未だに途上国のままなのはどうして?

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 03:49:33 ID:g4ZDIIoH
>>444
大雑把に言ってしまえば
当時の近代化とは「キリスト教(プロテスタント)的概念である合理主義を受け入れること」であって
他宗派やイスラムはそれがなかなかできなかった。
日本にはそういう宗教的タブーがなかったうえ、自国を壊さずに異文化を吸収する術に長けていた。
一神教と多神教の違いとも言える。
加えて帝国主義に対する危機感がそれを更に促した。

多分に歴史と文化、民族性などが重なった結果であって
戦争終わって何年とかはあまり関係ない。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 04:45:34 ID:g4ZDIIoH
あと勤勉さね。
労働を美徳と考えるのはプロテスタントと日本人くらいだから。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 05:33:38 ID:X8j+x/Ju
>>445
日本の宗教的タブーが無い?おいおいテキトーこくなよ。
戦前の日本は政教一体の宗教国家だぞ。
どんだけ凄まじい宗教弾圧があったと思ってんだ。大本教とか調べてみろよ。

日本は江戸時代既に、カトリックは邪教、プロテスタントはオッケー、ていう
概念が既に育っていた。理由はいろいろあるが、主因はスペイン・ポルトガルの暴虐と
イエスズ会、それらが裏で糸を引いてたとされる(少なくとも幕府はそう思っていた)島原の乱のせい。

プロテスタントが悪い印象を持っていないのは、無茶な布教活動はしなかった事と
交易国の中で唯一のプロテスタントであるオランダが小国で
他国侵攻などという能力が初めから無かかった事に起因してる。
ちなみに日本は、オランダがヨーロッパの虐められっこだった事はしらなかった。オランダ側が必至に隠していたから。
だから日本側はオランダに、当時のスペイン・ポルトガルのアジア拠点であるマカオを攻めとれとけしかけて
オランダ側が非常に困惑している様子が記録に残っていたりする。

トルコが発展が遅れたのは宗教要因というより民族対立の問題の方がおおきい。
一見忘れられがちだが、トルコはオスマン帝国崩壊以来100年間ずっと内戦状態で、
北は共産主義のスラブ系に、西はアーリア人の資本主義に、北東はクルド系民族に
西はシーア派のアラブ人に浸食され続けている。
国としての形を保つために常に四方と戦い続けているのがトルコ。
コレでは安定した発展より、別の部分に比重が置かれるのは致し方ないところだろう。
加えて支配層がキリスト系の白人で、ブルーカラーがムスリムという構造格差が
この問題を更に厄介にしている。


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 05:37:04 ID:X8j+x/Ju
北東はクルド系民族ー×
北西=○

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 06:17:38 ID:X8j+x/Ju
日本の発展の最大の要因は、江戸時代に培われた教育だろう。
全体として8%以上、江戸に至っては50%を超えていた武士階級はそのまま日本の知識層で、
他国の封建時代の平均2%と比べればいかに高い比率であったかが解る。
もう一つは女性の大規模な社会進出。
女性が労働力として地方の親元を離れ自活する、できる社会というのは近代国家でも対応が遅れ
19世紀時点ではかなりまれな例。
宗教的な制約や、教育、治安、親元の経済力など、日本は他国に比べ有利な条件が揃っていた。
これは奉公という一種の口減らし、出稼ぎが伝統的に存在していた事が大きい。

労働力と消費が早くから女性にまで拡大していたために、その両方をほぼ男性のみに頼っていた他国より
日本は多くの面で有利になった。
中でも最大の恩恵は、生産力に若い男子を割かずにすんだために
人口比率的に驚異の動員数をほこったその兵力だと言えるだろう。


450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 16:49:04 ID:UUHBqxgV
大陸の国は発展が難しいのか

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 19:22:49 ID:g4ZDIIoH
>>447-449
ネタなのか本気かわからんが・・・
>宗教的タブー
そういった概念に対する宗教的制約が少なく受容しやすかった、という意味で言ったんだが。
大本とか論点ズレすぎだろう。

江戸初期にカトリック集団が危険視されたのは事実だが、
オランダが特に対日貿易を認められたのは布教と貿易をセットにしない、と持ちかけたから。
結局は禁教とされたので、カトリックと区別してプロテスタントだけを認める概念が
江戸時代を通じて育ったわけではない。

オランダが弱小国なのを隠していた?というのも
当時のオランダはポルトガルをしのぎ、後にスペインにも勝つような絶頂期。
幕府の情報源はオランダだけではなかったし、当時葡西が新興の英蘭に押されていることは知っていた。
それらを巧みに競わせ実利をとった結果といえる。

社会の安定は大前提。トルコの地勢環境が厳しいのは前述だが、国が戦争状態にあるわけではない。
それを推して何故というから、そういう地域は歴史的に精神面で阻害されてきた面がある、と言った。
支配層がキリスト教系白人というのも・・・まさかユダヤとか言わんよな。
あとクルド人は南東部じゃないのか。

江戸時代の教育と社会的蓄積については当たり前すぎるので省略した。
女性進出やら丁稚やらの影響については、特筆するほどの論拠には乏しいな。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 21:33:50 ID:r8tiXsga
宗教ってか、良くも悪くも節操無いよな。
仏教一つとってもインドは無論、中国で育成された教義からも微妙にずれてる。

江戸時代も一応朱子学が国教だったけど、中国朝鮮と比べてガチガチにそれに縛られるんじゃなくて、
飽くまで学問の一つにすぎなかった所が日本の近代化に大きく寄与してると思う。
中国朝鮮の近代化が遅れた理由は朱子学(儒学)に縛られ過ぎた事だろうし。

宗教についてどことなく中立というか冷めた目が、日本の民族性だと思う。
そういう東洋にあるまじき合理性、悪く言えば節操のなさが日本近代化の要因だったんじゃなかな。

近代化の過程で廃物希釈があった事実は確かだけど、なぜ日本は発展できたかっていう意味では>>445の考えを支持するわ。

ってかこのスレなんだっけw?

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 21:34:32 ID:r8tiXsga
廃仏毀釈だろ俺。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 23:20:58 ID:hDgJRR+B
傍論ではあるが、
日本には維新期に適切なオピニオンリーダーがいた事も幸運だったと思う。
個人的には、特に福沢と松蔭。

福沢諭吉は学問のススメで、実学(西洋科学)・個人の自立・民主政治と資本経済など、
新時代における「人のかたち、国のかたち」を世の中に再定義して見せた。
このインパクトは強烈だったはず。
吉田松陰は国土の広がりと国防など、富国強兵や外交政策につながる考えを
弟子たち、後の政府高官に残した。

この二人は西洋合理主義を消化して日本式にカスタマイズした先駆者と言ってよいと思う。
維新は成ったものの「これからどないしたらええんやろ・・・」と戸惑っていた日本人の
迷いを払拭したのが、この二人の思想だったのではないか。
実際、明治日本はこれらに沿って進むことになる。

松蔭の合理的でない行動wについてはスルーで。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 23:25:47 ID:P5Jt5p6m
支那が脆弱なのは、長年の戦乱と統一病により、
国家、民族、文化、政治体制などの多様性が失われ、
一つの木偶の棒国家だけが存在する事になってしまった。

支那・満洲地域が、欧州の様に複数の国家が存在して群雄割拠するような状況なら、
日本の様に近代化に成功する国家が大陸に出来たかも知れない。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 23:29:19 ID:P5Jt5p6m
教授「ヨーロッパは方言ごとに国が生まれてきた経緯があるが、
中国は言語も文化も異なる地域を、強引に一まとめにして国家を形成している。
無理やりにつくった国だ。」
シラク「じゃ、中国はどうすればよかったんだ?」
教授「欧州のように、文化や言語ごとにそれぞれが小さな国であるべきだった」
シラク「やめてくれよ、日本がいくつ出来ると思うんだい?」

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 23:35:23 ID:hDgJRR+B
>>452
孔子は原典だと、意外と嫌な人だったりする。儒教的にはそれが徳だったりするんだが。
ところが儒教が日本に入ってきたときに、日本人の価値観にそぐわない部分は省いてしまった。
そのため日本が根本的に儒教化することはなかった。

儒教は孔子の教えが完成形で、解釈の違いはあれどそれより優れた教えはないとされた。
古いものが正しいとされ、1000年続けられた科挙でも儒家の経典をひたすら暗記するばかり。
新しい考えが生まれてもその多くは排除され、加えて易姓革命のたびに文化が断絶するので
後世に残らないものが多かった。もったいない。

見方を変えれば、紀元前の遺産だけで2000年食いつないできたとも言える。
もし中国の歴史に日本のような連続性と寛容さがあったとしたら、
その文化は現在の非ではなかったと思う。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 02:32:12 ID:1gx15kNl
中国の諸子百家の時代が、丁度日本の江戸時代とか近代ドイツのユンカー体制時の学問華やかなりし時代と重なるんだよな。
群雄割拠してたって事じゃなくて、様々な教えが百花繚乱していた所とか。そう考えると古代中国はやっぱりすげーわ。

つかドイツも日本も、支配層(武士)が読書階級だったって所が近代化を成し遂げた最も大きな理由だと思うんだよなー。
とくに日本の場合は、農民といった被支配階級も本を読めた。藩閥政治の賜物だな。
ここらへんが、当時中央集権制を取っていた中韓との違いだろう。

どっちが良くてどっちが悪いか、って話じゃないんだけどなw


459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 09:24:12 ID:1gx15kNl
藩閥政治じゃなくて幕藩体制だな。

江戸時代の政治機構はもっと評価されるべき。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 22:50:54 ID:ZObPhwmV
>>458
日本の教育レベルが高かったのは事実だが、幕藩体制がその直接の理由とは言えないな。
幕府が庶民への教育を禁じていたわけでも、各藩が教育を競い合っていたわけでもない。
もともと教育熱心な国民性に加えて、社会の安定化と全国的な市場拡大によって
庶民教育の必要性が増した、というのが主因だろう。
同様に、中央集権体制が教育を怠ったのではなく、単に政府方針の違い。
明治政府を見れば自明。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/27(火) 23:07:36 ID:ZObPhwmV
幕藩体制は地方分権でよく引き合いに出されるが、そんなに良いものとも思えない。
栄える藩がある一方、潰れそうな藩も沢山あったんだが・・・なにより今は鎖国していない。
道州制よりも大阪、名古屋、福岡を特区にでもしたほうがいいのではと思う

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 15:23:43 ID:xi1/K8iv
江戸時代は糞。
無能な江戸幕府やその他藩がふんぞり返り、
科学の技術の発達や新しい思想や理論の導入を制限していたもん。

飛行機を作ろうとしていた人を妨害してた事実もあったからね。

銃火器が、欧米では新しい銃火器が作られているのに、
日本では火縄銃のレベルからほとんど進化していなかったのが良い証拠。

日本人の潜在能力を引き出せば、
あの時点で、元込め式のボルトアクションライフルが作られていてもおかしくなかった。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 22:52:41 ID:TarsIyHt
幹部自衛官出身の国会議員がもっと増えれば、国会でより専門的で突っ込んだ
国防論議が可能になるでしょうか?

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 01:41:21 ID:qLSVUkzf
少しぐらい増えたぐらいでは無意味でしょう。
日本の国会は委員会を基本に運営されていますが、
そこでは多くの制服組含めて防衛省関係者も答弁しています。
精々、なんちゃって以外の国防を語れる議員がほんの少し増える程度かと。
まあ元制服組っつても田母神だってそうですが。

あと、根本的な事を忘れているようですが、
日本の主権者は国民で、国会議員は国民が選ぶ者です。
軍事的知識を持つ人間を議員に選ぶかどうかは、
主権者である国民に委ねられています。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 02:20:46 ID:ohjuSpha
>>464
日本の選挙制度だと、賢者の選択を愚者が足を引っ張る形になるので、
そんなのはほぼ実現不可能では?

公教育で、軍事、外交、国防、安全保障、地政学を取り入れても、
焼け石に水だし、却って半端者を増やして良く無い方向に行きそうです。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 22:01:21 ID:57Mm7asC
>>464
連隊長の某1等陸佐も同類だし

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/31(土) 17:09:57 ID:YH5qGTCq
>>463
政治家に必要なのは「どのように国を保ち、国を守るか」という国家観であって、
実務面での知識はさほど重要ではない。
元自衛官議員が増えるだけじゃあまり意味はないだろうね。

しかしながら、今の政治家の多くは現実的な国家観が無い、もしくは歪んでいる。
これらは戦後教育の負の連鎖であって、すぐ回復させるのは難しい。
公教育や社会全体で国民の意識を少しずつ高めていく以外にないと思う。

手っ取り早いのは中国が攻めてくるとか、北のミサイルで死人が(ry

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/31(土) 17:33:04 ID:V7wbC0QL
ロシア軍には今も豆の水煮がメニューにあるのですか?

157 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)