2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヤンガス最強伝説

178 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/02/14(土) 13:48:44 ID:y83Pot5f0
なんでこんなにわっふるわっふるが多いんだww
期待に沿えないかもしれないが続き。

ヤンガス「あ…兄貴、あっしをどうする気なんで…」
エイト「ああっ、駄目だよヤンガス、しゃべっちゃ。チョコが固まる前に崩れちゃうじゃないか。」
そう命じられて黙るヤンガス。兄貴の命令は絶対服従だ。
料理長「わたくし特製の『人肌でも固まるチョコ』、味のほうも満足していただけますよ!エイト様。」
エイト「よし、これでお腹側はオーケー。じゃあヤンガス、こんどはうつむきになってくれる?」
そう言いながらヤンガスを押して転がすエイト。
料理長「そーれっ、とろーりとろーり、とろーりとろりんこ、っと。」
エイト「ヤンガス、しゃべっちゃ駄目だよ。」
ヤンガスの幅広い背中や丸々とした尻がチョコレートで褐色に変わっていく。
エイト「わあい、ヤンガスってますますおいしそう!」
ヤンガス『あ…兄貴ったら…あっしをこんなに甘ったるくして…』
エイト「料理長、チョコはまだあるの?」
料理長「ええ、サザンビークからミーティア様とチャゴス様との婚約解消のお詫びにと献納されたのがたっぷりと。」
エイト「じゃあどんどん使えるね!」
料理長「そう思ってたっぷりと溶かしておきました。」
料理長の指さす先には、人が3〜4人は入れそうな大釜がひとつ湯気を上げている。
ヤンガス「まさかあの釜の中にあっしを浸けるんで!?」
エイト「ヤンガス!しゃべっちゃ駄目だって!」
ヤンガス「あ、あっしはもう逃げるでがす!いくらなんでも兄貴に釜茹でにされる気はねえっ!」
しかしチョコで固まって真ん丸くなったヤンガスの体は、ヤンガスの想像以上に重たくて固くなっていた。
エイト「せっかくこれからもっとおいしくしてあげようと言ってるのに!ヤンガスは恩知らずだな。」


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.01.03 2014/02/20 Code Monkey ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)